メルセデス・ベンツCLに予防安全システム搭載

2012.02.13 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツCL」に最新の予防安全システム搭載

メルセデス・ベンツ日本は2012年2月13日、ラクシャリークーペ「CLクラス」にレーダーを用いた最新の予防安全システム「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備し、発売した。

この装備は、車両の前後左右に装備されたレーダーを用いて、周囲の車両や障害物を検知し、必要に応じて自動的にブレーキを作動させ衝突の危険性を低減する最新の予防安全システム。
車両前方中央に77GHz帯ミリ波レーダー、前後左右に24GHz帯超広帯域レーダーを配置し、悪天候や夜間など、視界が悪い状況下でもすぐれた検知能力を発揮するという。

「レーダーセーフティパッケージ」には、以下の5つの装備が備わる。

・「BASプラス(ブレーキアシスト・プラス)」
・「PRE-SAFEブレーキ」
前方衝突の危険性を検知すると、ドライバーのブレーキ操作をサポートする。

・「アクティブブラインドスポットアシスト」
車線変更時などに車両の斜め後方の死角エリアをモニタリングし、衝突の危険が迫ると各輪独立の自動ブレーキ介入によりコースを修正する。

・「ディストロニック・プラス」
クルーズコントロール使用時に、レーダーシステムにより前方の車両を監視し、ブレーキやアクセルを自動制御し車間や速度を適切に保持するとともに、先行車が停止した場合や渋滞路では、時速0km/hまで減速する渋滞追従機能を備える。

・「アクティブレーンキーピングアシスト」
カメラによって自車が車線から外れていることを検知すると、ステアリングを微振動させてドライバーに警告するとともに、各輪独立にブレーキを自動制御し車線逸脱を回避する。

価格は以下のとおり。(カッコ内はステアリング位置)

・CL550ブルーエフィシェンシー(左/右):1640万円
・CL600(左):2066万円
・CL63 AMG(左):2285万円
・CL65 AMG(左):3030万円

(webCG ワタナベ)

「CL63 AMG」
「CL63 AMG」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

CLクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る