スバルとBEAMSのコラボ、「インプレッサBEAMS EDITION」発表

2007.11.14 自動車ニュース

スバルとBEAMSのコラボ、「インプレッサBEAMS EDITION」発表

富士重工業は2007年11月14日、「インプレッサBEAMS EDITION」を発表した。これは、セレクトショップを展開するビームスが内外装デザインなどを監修したもの。11月16日より全国で販売する。

「インプレッサBEAMS EDITION」は、1.5リッターFF「15S」と2リッター4WD「20S」をベースとし、BEAMSのテイストを各所にちりばめた特別仕様車。
主に内外装デザインをビームスの手にまかせ、プロジェクターロービームランプやトノカバー、インチアップされたアルミホイールなどが特別装備される。

「印象の強さをアピールするため、外装色にこだわった」(ビームス広報氏)、というBEAMS EDITION専用ボディカラーは「アクティブオレンジパール」「ブリリアントブラウンパール」「スティールシルバーメタリック」の3色。中でもビームスのブランドカラーであるオレンジの色味については、「立体感をなくした、マットなオレンジ」にこだわったという。
内装色はボディカラーによってコーディネイトされた3パターンが組み合わされ、いずれもBEAMS EDITIONオリジナルの本革シートが与えられる。

価格は「15S」が173万2500円、「20S」が219万4500円で、それぞれベース車より22万500円と25万2000円高い。

(webCG 本諏訪)


スバルとBEAMSのコラボ、「インプレッサBEAMS EDITION」発表の画像
シルバーとブラウンのボディカラーと組み合わされる、アイボリー×ブラウン内装。メーターはオレンジ色の縁取りとビームスロゴマークが入ったオリジナル。
シルバーとブラウンのボディカラーと組み合わされる、アイボリー×ブラウン内装。メーターはオレンジ色の縁取りとビームスロゴマークが入ったオリジナル。
フロントフェンダーに備わる専用エンブレム。あえて助手席側のみに配される理由は「ゲストの気をひく」ためという。
フロントフェンダーに備わる専用エンブレム。あえて助手席側のみに配される理由は「ゲストの気をひく」ためという。

関連キーワード:
インプレッサスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • 第479回:雪道でも”安心と愉しさ”を!
    「インプレッサ」&「XV」でONE DAY雪上ドライブ
    2018.2.8 エディターから一言 新世代プラットフォーム「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用した新型「インプレッサ」と「XV」による雪上試乗体験イベントが、冬の東北を舞台に開催された。雪に不慣れな筆者が雪道のドライブで感じた、最新スバル車の雪上性能についてリポートする。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
ホームへ戻る