スバルとBEAMSのコラボ、「インプレッサBEAMS EDITION」発表

2007.11.14 自動車ニュース

スバルとBEAMSのコラボ、「インプレッサBEAMS EDITION」発表

富士重工業は2007年11月14日、「インプレッサBEAMS EDITION」を発表した。これは、セレクトショップを展開するビームスが内外装デザインなどを監修したもの。11月16日より全国で販売する。

「インプレッサBEAMS EDITION」は、1.5リッターFF「15S」と2リッター4WD「20S」をベースとし、BEAMSのテイストを各所にちりばめた特別仕様車。
主に内外装デザインをビームスの手にまかせ、プロジェクターロービームランプやトノカバー、インチアップされたアルミホイールなどが特別装備される。

「印象の強さをアピールするため、外装色にこだわった」(ビームス広報氏)、というBEAMS EDITION専用ボディカラーは「アクティブオレンジパール」「ブリリアントブラウンパール」「スティールシルバーメタリック」の3色。中でもビームスのブランドカラーであるオレンジの色味については、「立体感をなくした、マットなオレンジ」にこだわったという。
内装色はボディカラーによってコーディネイトされた3パターンが組み合わされ、いずれもBEAMS EDITIONオリジナルの本革シートが与えられる。

価格は「15S」が173万2500円、「20S」が219万4500円で、それぞれベース車より22万500円と25万2000円高い。

(webCG 本諏訪)


スバルとBEAMSのコラボ、「インプレッサBEAMS EDITION」発表の画像
シルバーとブラウンのボディカラーと組み合わされる、アイボリー×ブラウン内装。メーターはオレンジ色の縁取りとビームスロゴマークが入ったオリジナル。
シルバーとブラウンのボディカラーと組み合わされる、アイボリー×ブラウン内装。メーターはオレンジ色の縁取りとビームスロゴマークが入ったオリジナル。
フロントフェンダーに備わる専用エンブレム。あえて助手席側のみに配される理由は「ゲストの気をひく」ためという。
フロントフェンダーに備わる専用エンブレム。あえて助手席側のみに配される理由は「ゲストの気をひく」ためという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る