スバルとBEAMSのコラボ、「インプレッサBEAMS EDITION」発表

2007.11.14 自動車ニュース

スバルとBEAMSのコラボ、「インプレッサBEAMS EDITION」発表

富士重工業は2007年11月14日、「インプレッサBEAMS EDITION」を発表した。これは、セレクトショップを展開するビームスが内外装デザインなどを監修したもの。11月16日より全国で販売する。

「インプレッサBEAMS EDITION」は、1.5リッターFF「15S」と2リッター4WD「20S」をベースとし、BEAMSのテイストを各所にちりばめた特別仕様車。
主に内外装デザインをビームスの手にまかせ、プロジェクターロービームランプやトノカバー、インチアップされたアルミホイールなどが特別装備される。

「印象の強さをアピールするため、外装色にこだわった」(ビームス広報氏)、というBEAMS EDITION専用ボディカラーは「アクティブオレンジパール」「ブリリアントブラウンパール」「スティールシルバーメタリック」の3色。中でもビームスのブランドカラーであるオレンジの色味については、「立体感をなくした、マットなオレンジ」にこだわったという。
内装色はボディカラーによってコーディネイトされた3パターンが組み合わされ、いずれもBEAMS EDITIONオリジナルの本革シートが与えられる。

価格は「15S」が173万2500円、「20S」が219万4500円で、それぞれベース車より22万500円と25万2000円高い。

(webCG 本諏訪)


スバルとBEAMSのコラボ、「インプレッサBEAMS EDITION」発表の画像
シルバーとブラウンのボディカラーと組み合わされる、アイボリー×ブラウン内装。メーターはオレンジ色の縁取りとビームスロゴマークが入ったオリジナル。
シルバーとブラウンのボディカラーと組み合わされる、アイボリー×ブラウン内装。メーターはオレンジ色の縁取りとビームスロゴマークが入ったオリジナル。
フロントフェンダーに備わる専用エンブレム。あえて助手席側のみに配される理由は「ゲストの気をひく」ためという。
フロントフェンダーに備わる専用エンブレム。あえて助手席側のみに配される理由は「ゲストの気をひく」ためという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る