スバルとBEAMSのコラボ、「インプレッサBEAMS EDITION」発表

2007.11.14 自動車ニュース

スバルとBEAMSのコラボ、「インプレッサBEAMS EDITION」発表

富士重工業は2007年11月14日、「インプレッサBEAMS EDITION」を発表した。これは、セレクトショップを展開するビームスが内外装デザインなどを監修したもの。11月16日より全国で販売する。

「インプレッサBEAMS EDITION」は、1.5リッターFF「15S」と2リッター4WD「20S」をベースとし、BEAMSのテイストを各所にちりばめた特別仕様車。
主に内外装デザインをビームスの手にまかせ、プロジェクターロービームランプやトノカバー、インチアップされたアルミホイールなどが特別装備される。

「印象の強さをアピールするため、外装色にこだわった」(ビームス広報氏)、というBEAMS EDITION専用ボディカラーは「アクティブオレンジパール」「ブリリアントブラウンパール」「スティールシルバーメタリック」の3色。中でもビームスのブランドカラーであるオレンジの色味については、「立体感をなくした、マットなオレンジ」にこだわったという。
内装色はボディカラーによってコーディネイトされた3パターンが組み合わされ、いずれもBEAMS EDITIONオリジナルの本革シートが与えられる。

価格は「15S」が173万2500円、「20S」が219万4500円で、それぞれベース車より22万500円と25万2000円高い。

(webCG 本諏訪)


スバルとBEAMSのコラボ、「インプレッサBEAMS EDITION」発表の画像
シルバーとブラウンのボディカラーと組み合わされる、アイボリー×ブラウン内装。メーターはオレンジ色の縁取りとビームスロゴマークが入ったオリジナル。
シルバーとブラウンのボディカラーと組み合わされる、アイボリー×ブラウン内装。メーターはオレンジ色の縁取りとビームスロゴマークが入ったオリジナル。
フロントフェンダーに備わる専用エンブレム。あえて助手席側のみに配される理由は「ゲストの気をひく」ためという。
フロントフェンダーに備わる専用エンブレム。あえて助手席側のみに配される理由は「ゲストの気をひく」ためという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • 【ジュネーブショー2017】スバル、クロスオーバーモデルの新型「XV」を世界初公開 2017.1.23 自動車ニュース 富士重工業が、クロスオーバーモデルの新型「スバルXV」を、第87回ジュネーブショーで世界初公開すると発表した。日本での受注開始は3月9日の予定で、スバルでは特設ウェブサイトで順次情報を公開していくとしている。
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
ホームへ戻る