「三菱コルト」シリーズがお化粧直し

2007.11.14 自動車ニュース

「三菱コルト」シリーズがお化粧直し

三菱自動車は、コンパクトカー「コルト」シリーズの装備に小変更を施し、2007年11月14日に発売した。

「コルト」「コルトプラス」ともに、ベーシックな2モデル「F」と「M」を集約し、新グレード「Very(ベリー)」を設定した。
エクステリアはメッキのフロントメッシュグリルで飾り、インテリアにはスウェード調シートを採用。それ以外のグレードについても、メッキグリルと新しいシート地を採用した。
ポイントは機能面の充実で、「オートライトコントロール」「クリーンエアフィルター付きオートエアコン」「UV&ヒートプロテクトガラス+撥水フロントドアガラス]」「エレクトリックテールゲート(コルトプラスのみ)」などを装備した。

オプション装着率が高いカーナビを標準とした「Very+navi(ベリープラスナビ)」もラインナップする。

さらに、スポーティグレードの「コルト・ラリーアート Version-R」は、最高出力が154psから163psにアップ。アルミホイールのデザインを一新し、1本あたり1.5kgの軽量化を図った。インテリアは、インストゥルメントパネルが黒くなり、シート地がワッフル調に。「ランサーエボリューションX」と同じレカロシートをオプション設定した。

価格は、「コルト」が122万8500円から174万300円。新グレードのベリーは、旧「F」より2万1000円高で「M」より3万15000円安となる。
「コルトプラス」は138万6000円から183万7500円まで。「コルト・ラリーアート Version-R」は約1万円アップし、198万4500円となっている。

(webCG 関)

コルト「ベリー」
コルト「ベリー」
コルトプラス「ベリー」
コルトプラス「ベリー」
「コルト・ラリーアート Version-R」
「コルト・ラリーアート Version-R」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コルトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • 2006ワークスチューニンググループ合同試乗会(RALLIART篇)【試乗記】 2006.7.25 試乗記 コルトラリーアート Version-R tuned by RALLIART(FF/5MT)/アウトランダー tuned by RALLIART(4WD/CVT)

    自動車メーカー直系のチューニングメーカー5社による「ワークスチューニングカー合同試乗会」に、『webCG』本諏訪と関が参加した。RALLIARTは、ホットハッチ「コルトラリーアート Version-R」と、SUV「アウトランダー」の2台をチューニングして、会場に持ち込んだ。


  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
ホームへ戻る