「三菱コルト」シリーズがお化粧直し

2007.11.14 自動車ニュース

「三菱コルト」シリーズがお化粧直し

三菱自動車は、コンパクトカー「コルト」シリーズの装備に小変更を施し、2007年11月14日に発売した。

「コルト」「コルトプラス」ともに、ベーシックな2モデル「F」と「M」を集約し、新グレード「Very(ベリー)」を設定した。
エクステリアはメッキのフロントメッシュグリルで飾り、インテリアにはスウェード調シートを採用。それ以外のグレードについても、メッキグリルと新しいシート地を採用した。
ポイントは機能面の充実で、「オートライトコントロール」「クリーンエアフィルター付きオートエアコン」「UV&ヒートプロテクトガラス+撥水フロントドアガラス]」「エレクトリックテールゲート(コルトプラスのみ)」などを装備した。

オプション装着率が高いカーナビを標準とした「Very+navi(ベリープラスナビ)」もラインナップする。

さらに、スポーティグレードの「コルト・ラリーアート Version-R」は、最高出力が154psから163psにアップ。アルミホイールのデザインを一新し、1本あたり1.5kgの軽量化を図った。インテリアは、インストゥルメントパネルが黒くなり、シート地がワッフル調に。「ランサーエボリューションX」と同じレカロシートをオプション設定した。

価格は、「コルト」が122万8500円から174万300円。新グレードのベリーは、旧「F」より2万1000円高で「M」より3万15000円安となる。
「コルトプラス」は138万6000円から183万7500円まで。「コルト・ラリーアート Version-R」は約1万円アップし、198万4500円となっている。

(webCG 関)

コルト「ベリー」
コルト「ベリー」
コルトプラス「ベリー」
コルトプラス「ベリー」
「コルト・ラリーアート Version-R」
「コルト・ラリーアート Version-R」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)【試乗記】 2002.11.16 試乗記 三菱コルト 1.3/1.5リッター(CVT/CVT)

    2002年11月11日に発表された三菱のニューコンパクト“まじめまじめまじめ”コルト。スリーダイヤモンド入魂の最新モデルを、webCG記者が北海道は十勝で試乗した。


  • 三菱コルト カジュアルバージョン(CVT)【ブリーフテスト】 2003.9.10 試乗記 ……140.8万円
    総合評価……★★★

    三菱自動車の再建計画「ターンアラウンド」の第1弾「コルト」。日独まじめなコンパクトに、ラテンなコンパクトカーをマイカーにもつ、自動車ジャーナリストの森口将之が試乗した。


  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る