「スバル・レガシィ」にスポーティな特別仕様車。新グレードも。

2007.11.14 自動車ニュース
「レガシィ 2.0i アーバンセレクション」
「スバル・レガシィ」にスポーティな特別仕様車。新グレードも。

「スバル・レガシィ」にスポーティな特別仕様車。新グレードも。

富士重工業は、「レガシィ」シリーズに特別仕様車「アーバンセレクション」を設定し、2007年11月16日に発売。同時にツーリングワゴンとB4に新グレードを追加する。

特別装備のMOMO製本皮巻きステアリングホイール
「スバル・レガシィ」にスポーティな特別仕様車。新グレードも。

「アーバンセレクション」は、ツーリングワゴン、B4の「2.0i」「2.0GT」「2.0GT SI-Cruise」、およびアウトバック「2.5i」をベースにした特別仕様車。

特別装備として、ポップアップ式ヘッドランプウォッシャーを内蔵した「バイキセノンヘッドランプ」や「リアビューカメラ」などの便利装備を追加。レザーとアルカンターラを組み合わせた専用シートはシルバーのステッチが施され、アルミ製ペダルを採用するなど、スポーティな演出もなされる。

価格は以下のとおり

・レガシィB4 アーバンセレクション
231万5250円(2.0i)、329万7000円(2.0GT SI-Cruise)

・レガシィ・ツーリングワゴン アーバンセレクション
246万7500円(2.0i)、322万8750円(2.0GT)、345万4500円(2.0GT SI-Cruise)

・レガシィ・アウトバック アーバンセレクション
288万7500円(2.5i)

「B4 2.5i アーバンセレクション」
「スバル・レガシィ」にスポーティな特別仕様車。新グレードも。

また、同時に追加される新グレードは、レガシィ・ツーリングワゴンとB4に4気筒の2.5リッターボクサーを組み合わせたもの。どちらも「アーバンセレクション」仕様となる。

価格はツーリングワゴンとB4でそれぞれ267万7500円と252万5250円。

(webCG 玉城)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • スバル、2018年型の「レガシィ」をシカゴで公開 2017.2.3 自動車ニュース 富士重工業は2017年2月3日、米国・シカゴで開催される2017年 シカゴオートショー(開催期間:2月9日~20日)で、2018年型「スバル・レガシィ」の米国仕様車を公開すると発表した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る