「スバル・レガシィ」にスポーティな特別仕様車。新グレードも。

2007.11.14 自動車ニュース
「レガシィ 2.0i アーバンセレクション」
「スバル・レガシィ」にスポーティな特別仕様車。新グレードも。

「スバル・レガシィ」にスポーティな特別仕様車。新グレードも。

富士重工業は、「レガシィ」シリーズに特別仕様車「アーバンセレクション」を設定し、2007年11月16日に発売。同時にツーリングワゴンとB4に新グレードを追加する。

特別装備のMOMO製本皮巻きステアリングホイール
「スバル・レガシィ」にスポーティな特別仕様車。新グレードも。

「アーバンセレクション」は、ツーリングワゴン、B4の「2.0i」「2.0GT」「2.0GT SI-Cruise」、およびアウトバック「2.5i」をベースにした特別仕様車。

特別装備として、ポップアップ式ヘッドランプウォッシャーを内蔵した「バイキセノンヘッドランプ」や「リアビューカメラ」などの便利装備を追加。レザーとアルカンターラを組み合わせた専用シートはシルバーのステッチが施され、アルミ製ペダルを採用するなど、スポーティな演出もなされる。

価格は以下のとおり

・レガシィB4 アーバンセレクション
231万5250円(2.0i)、329万7000円(2.0GT SI-Cruise)

・レガシィ・ツーリングワゴン アーバンセレクション
246万7500円(2.0i)、322万8750円(2.0GT)、345万4500円(2.0GT SI-Cruise)

・レガシィ・アウトバック アーバンセレクション
288万7500円(2.5i)

「B4 2.5i アーバンセレクション」
「スバル・レガシィ」にスポーティな特別仕様車。新グレードも。

また、同時に追加される新グレードは、レガシィ・ツーリングワゴンとB4に4気筒の2.5リッターボクサーを組み合わせたもの。どちらも「アーバンセレクション」仕様となる。

価格はツーリングワゴンとB4でそれぞれ267万7500円と252万5250円。

(webCG 玉城)

関連キーワード:
レガシィB4レガシィツーリングワゴン スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る