独BMW、新型「M6」の概要を発表

2012.02.13 自動車ニュース

独BMW、新型「M6」の概要を発表

独BMWは2012年2月12日、新型「M6」のクーペとカブリオレの概要を発表した。

新型は通算で3代目。V10エンジンではなく、ひと足先にデビューした「M5」と同様にダウンサイジングの波に乗り、4.4リッターV8のMツインパワーターボ(ツインターボ)を搭載する。560ps/6000-7000rpmと69.3kgm/1500-5750rpmを発生し、0-100km/h加速はクーペモデルで4.2秒、カブリオレで4.3秒。最高速はリミッターで250km/hに規制されるが、ドイツ市場などでオプション設定される「Mドライバーズパッケージ」を装着すれば305km/hまで出すことが可能になる。

このエンジンは先代型の5リッターV10(自然吸気)と比較して出力で約10%、トルクで約30%強化されているが、オートスタート/ストップ(アイドリングストップ)機能やブレーキエネルギー回生システムなどの「エフィシェントダイナミクス」テクノロジーの採用によって、燃費は約30%改善されているという。

トランスミッションは7段の「M DCT Drivelogic」(ダブルクラッチ トランスミッション)が標準で装着される。一方、ブレーキは前キャリパーが6ピストンとなる「コンパウンドディスクブレーキ」が標準だが、欧州仕様では最新の「M カーボンセラミックブレーキ」がオプションで選択可能となるという。ブレーキディスク径は前410mm(標準ディスク:400mm)、後396mm(同:396mm)で、耐熱性が向上すると同時にバネ下重量が大幅に軽減され、新型「M6」では19.4kgもの軽量化が期待できるという。

発売時期は市場によって異なるが、アメリカではM6カブリオレが2012年6月でクーペが夏、イギリスでは両モデルとも同9月などと発表されている。

(webCG 竹下)

「BMW M6クーペ」
「BMW M6クーペ」
「M6クーペ」
「M6クーペ」
「M6カブリオレ」
「M6カブリオレ」
「M6カブリオレ」の室内
「M6カブリオレ」の室内
4.4リッターV8 Mツインパワーターボエンジン
4.4リッターV8 Mツインパワーターボエンジン
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
ホームへ戻る