クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4415×1795×1475mm/ホイールベース=2625mm/車重=1480kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(308ps/6400rpm、43.0kgm/4400rpm)/価格=365万4000(テスト車=393万7500円/オーディオ一体型HDDナビゲーションシステム=28万3500円)

スバル・インプレッサWRX STI(4WD/6MT)【試乗記】

素性のよさ 2007.11.14 試乗記 スバル・インプレッサWRX STI(4WD/6MT)
……393万7500円
2007年10月24日に登場した、インプレッサのホットバージョン「WRX STI」。 308psのパワーを誇る最強モデルはどんな走りを見せるのか。サーキットで試乗した。

大人の説明

ホットバージョンのみに目が奪われるという事態を避けるべく、スタンダード系のターボ付きモデルからは敢えて「WRX」の名を取り下げ、発売タイミングにも“時差”が設けられたのが、今度の「インプレッサWRX STI」。歴代モデルとしては初めて、ボディの基本デザインからを専用開発したというのも、新型の特徴。
これにより、“普通のインプレッサ”に遠慮することなく大幅に太いタイヤを履いたり、走行中負圧となる最適箇所にアウトレットを設けて効率的な排熱処理を行うことが可能になったりしたという。

従来ユニットをリファインしたEJ20型2リッターターボエンジンは、今回も280psに留まった「三菱ランサーエボリューションX」のデータを大幅に凌ぐ308psを発揮。ただし、これは当初からオーバー300psを狙ったわけではなく、「全域大トルクという特性を狙った結果の成り行きである」というのが開発陣による“大人の説明”だ。
300万円台前半というリーズナブルな価格を訴求するためのレスオプション仕様も存在はするものの、逞しく膨らんだ前後フェンダーに18インチのシューズを標準採用し、開発チームも標準シリーズとは別部隊という新しいWRXの誕生に、「今度のインプレッサは軟派になっちゃって……」と嘆いていた生粋の“スバリスト”たちもきっと溜飲を下げていることだろう。

助かる機能

本来ならばその最高速は230〜240km/hに達するであろうものの、相変わらず180km/hリミッターなる野暮なアイテムによってその動力性能全ての開放は許されない日本仕様車。が、そんな鬱憤を晴らすかのように採用されたフルスケール260km/hのスピードメーターと、その左隣=ドライバー正面にひと際大きくレイアウトされた8000rpm以上がレッドゾーンのタコメーターが、6速パターンが刻まれた本革巻シフトノブやアルミパッド付きのABCペダルなどと共にホットな走りを予感させる。
チルトに加えリーチ調整機能もプレゼントされたステアリングコラムの採用で、希望のドライビングポジションを得るのはたやすい作業。Aピラー死角が気にならずすっきり開けた全方位への視界は、新型インプレッサ・シリーズに共通の美点だ。

小気味良く決まるシフトで1速ギアをチョイスし、ハイパフォーマンスモデルとしてはその踏力が軽い方に属するクラッチをエンゲージしてスタート。走り出しの一瞬の力感は、およそ1.5トンという重量に2リッターエンジンという組み合わせによる“想定内”。すなわちそれは決して力強いというわけではないのだが、ここで助かる装備がようやく標準装備となったESC(アンチスピンデバイス:スバル名「VDC」)の拡張機能であるヒルスタートアシスト。坂道発進時の後ずさりを解消するこのデバイスが、上り坂での「太くないスターティングトルク」の印象を巧みにカバーしてくれるのだ。

今後の課題

ひとたび走り出してしまえばもはやトルクの不足感を抱くことがないのは、ツインスクロールターボや吸排気双方のカムシャフトに設けられた可変バルブタイミング機構の威力も大きいはず。とはいえ、本格的にパワーが炸裂するのは3500rpm以上の領域で、そこから7300rpm付近までは新デザインとなってホールド性がグンとアップしたシートバックに身体が押さえつけられるのを実感できる。ということは、実は8000rpmからのレッドライン表示は「少々インフレ気味」でもあるわけで、低いギアではそこまでピッチリ引っ張る意味もあるものの、3速以上では頭打ち感が目立ってくるので、前述7300rpm付近で早々に次のギアへとアップシフトを行う方が良さそうだ。

ゆとりのフェンダーサイズでシューズのファット化が可能となったこともあり、ワインディング路ではとてつもなく高いメカニカルグリップ力を発生。
一方で、そんな際にもヨーコントロールシステムで「無理矢理曲げられている」という感触がやはり今回も残る新型ランエボよりも自然で、あくまでも“ドライバー主体”の印象が強いのもまた、このモデルの特徴だ。ただし、そんなライバルの回頭性の高さを意識した結果か、ターンイン時のゲインが時に妙に高いのは少々気になった。ステアリング切り始め操作に対して、予想と期待値以上の回頭感が発生してしまうシーンがあるのだ。13.0とかなり速いステアリングのギア比も、そうしたテイストに拍車をかけていそうだ。

街乗りシーンでの乗り心地は旧モデルよりも劇的に改善され、「これならば日常ユースでほとんど我慢は必要ない」という水準。オーディオはオプション扱いだがその他の装備は充実しているので、実用車としての高い資質は他のインプレッサシリーズ同様だ。
排ガスのクリーン度が4つ星レベルではないのは惜しいし、2ペダル仕様や競技ベース車をどうするのかというのも今後の課題。が、まずは“デビュー戦”でなかなかの素性の良さを味わわせてくれる、スバルのホッテストバージョンがこのモデルだ。

(文=河村康彦/写真=宮門秀行)

関連キーワード:
インプレッサスバルインプレッサ・セダン試乗記

あなたにおすすめの記事