メルセデスVクラスに3.5リッター新エンジン搭載

2007.11.13 自動車ニュース

メルセデスVクラスに3.5リッター新エンジン搭載

メルセデス・ベンツ日本は2007年11月13日、マルチパーパスビークルの「Vクラス」に、新エンジンを採用し発売した。

従来の3.7リッターV6 SOHCエンジンに代わり、3.5リッターV6 DOHCが「V350」すべてのグレードに搭載された。

排気量は縮小されたもののながらも、最高出力は258psと27ps向上。最大トルクは34.7kgmと、0.5kgm下げられたが、2500-5000rpmで最大トルクを発生するフラットな特性とされ、幅広い回転域でゆとりある走行性能を持たせたという。さらに、燃費性能もアップさせたと謳われる。

グレードは装備と全長の違いにより「トレンド」「アンビエンテ」「アンビエンテ ロング」と分けられ、それぞれ445.0万円、599.0万円、619.0万円となる。

(webCG 本諏訪)


メルセデスVクラスに3.5リッター新エンジン搭載の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Vクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.15 試乗記 走行性能や快適性、安全性など全ての領域でリファインが図られた、新型「メルセデス・ベンツVクラス」。試乗してみると、そこには、日本の高級ミニバンには見られない独自の世界が広がっていた。
  • 「メルセデス・ベンツVクラス」にスポーティーな装いの新グレード登場 2016.6.1 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Vクラス」に一部改良を実施。排出ガスの後処理に用いる尿素水溶液のタンクを拡大することで、約2万kmの距離を補充なしで走ることが可能となった。同時にスポーティーな内外装が特徴の新グレード「V220dスポーツ ロング」を追加した。
  • メルセデス・ベンツV220d(FR/7AT)/V220dアバンギャルド エクストラロング(FR/7AT)【レビュー】 2016.2.5 試乗記 メルセデスの3列シートミニバン「Vクラス」がフルモデルチェンジ。キャビンとラゲッジルームの使い勝手や、2.1リッター直4ディーゼルエンジンがかなえる走りなど、本国から2年遅れで日本に導入された新型の実力を、さまざまな角度から確かめた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
ホームへ戻る