「BMW 6シリーズ」がマイナーチェンジ

2007.11.13 自動車ニュース

「BMW 6シリーズ」がマイナーチェンジ

BMWジャパンは、「6シリーズ・クーペ」および同「カブリオレ」をマイナーチェンジ。2007年11月13日に発売した。

既報のとおりマイナーチェンジをはたした「BMW 6シリーズ」が、日本に上陸した。

エクステリアは、フロントおよびリアエンドの意匠を若干手直し。インテリアは、iDriveコントローラー、エアコン、オーディオなどスイッチ類の素材を変更。カブリオレシリーズのレザートリムには、日射による表面温度上昇を抑える処理を施すなどした。

630iクーペ、650iクーペ&カブリオレ、M6クーペ&カブリオレのオーダーに変更はないもの、トランスミッションは、従来の6段ATにかえて新開発の「6段スポーツオートマチックトランスミッション」に(Mモデルを除く)。スポーツモードを選べば、アクセルペダルのレスポンスとパワーステアリングの制御をよりダイレクトにできる。
エンジンは、エントリーグレード「630i」の3リッター直6ユニットのみ一新され、旧型より14psと2.0kgmアップ(272ps、32.6kgm)した。

安全装備や快適装備では、「アクティブヘッドレスト」「アダプティブヘッドライト」「スピーチコントロール(音声入力システム)」、さらに、「コンフォート・アクセス(カブリオレモデルを除く)」「ブレーキ制御機能付クルーズ・コントロール(Mモデルを除く)」などを標準装備とした。

価格は、以下の通り(カッコ内は旧モデルとの価格差)

・「630iクーペ」:917.0万円(+40.0万円)
・「650iクーペ」:1154.0万円(+57.0万円)
・「650iカブリオレ」:1234.0万円(+60.0万円)
・「M6クーペ」:1610.0万円(+25.0万円)
・「M6カブリオレ」:1675.0万円(+25.0万円)

(webCG 関)

新型「BMW 6シリーズ・クーペ」
新型「BMW 6シリーズ・クーペ」
フロントバンパーのエアインテークは、より幅広くなった。
フロントバンパーのエアインテークは、より幅広くなった。
新型6シリーズのインテリア。新デザインの「スポーツオートマチックトランスミッション」セレクターレバーが与えられた。
(写真はすべて本国仕様)
新型6シリーズのインテリア。新デザインの「スポーツオートマチックトランスミッション」セレクターレバーが与えられた。
	(写真はすべて本国仕様)

関連キーワード:
M6クーペ6シリーズ クーペ6シリーズ カブリオレ M6カブリオレBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M2コンペティション 2018.4.19 画像・写真 「M3」「M4」ゆずりの3リッター直6ターボエンジン(最高出力410ps、最大トルク550Nm)を搭載。BMWのコンパクトなハイパフォーマンスモデル「BMW M2コンペティション」の姿を写真で紹介する。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
ホームへ戻る