第343回:東京モーターショー再訪
もしやオロチはこういうデザインにしたかったのでは……マツダ大気!!

2007.11.13 エッセイ

第343回:東京モーターショー再訪もしやオロチはこういうデザインにしたかったのでは……マツダ大気!!

ジャパネスクデザインの当たり年!?

もう会期は終わっちゃったけど、先日とある取材があって、一般公開日にモーターショー行ってまいりましたっ! プレスデイしか行ってなかったから、ひょっとして人が全然来てなかったらどうしよう……と思っていたんだけど、その日の来場者数は6万人半ば。すごくはなかったけど、それなりの人ごみで安心しましたね。ふぅ〜。

それはさておき、改めて今回のモーターショーは何の年だったんだろうと考えてみた。一般的には、「日産GT-R」の年なんだろうけど、俺的には“ジャパネスクデザイン”の当たり年かもしれないなぁと思った。
その理由は「マツダ大気」&「ミツオカ・オロチ」にあり!

たしかにGT-Rもすごかったけど、業界人としては予想通りだったし、インパクトはなかったなぁ。
ところが一連のマツダのデザインコンセプト、「Nagare」シリーズの集大成だっつう「大気」を初めて見てビックリ! そして素直にカッコいいと思ったのだった。

全体の抑揚は昔のピニンファリーナの「ミトス」もかくやっつう大胆さで、それでいて確実に水や大気の流れをモチーフにしている。まさに水墨画や禅の境地にも通じる、世界に誇れるオリエンタルデザインであり、このテイストで次期型「マツダRX-7」が出たらさぞかしカッコいいだろうなぁと思った。
上手く表現できたら実際、「ホンダNSX」や「レクサスLF-A」より印象に残るでしょう。ちなみに今回、別件でアンケート取った時にとある女性客で「ベストは大気!」って言った人もいたので驚いた。たまたまなんだろうけどね。

しかも俺はこの大気に、今年発売されたミツオカ・オロチと共通するものを感じちゃったのだ。大気のフロントマスクのエグさはオロチに通じるものがあると思ったし、もしや「オロチの理想形は大気なんじゃあるまいか?」とすら思った。


第343回:東京モーターショー再訪もしやオロチはこういうデザインにしたかったのでは……マツダ大気!!

第343回:東京モーターショー再訪もしやオロチはこういうデザインにしたかったのでは……マツダ大気!!
「ミツオカ・オロチ・カブト」
第343回:東京モーターショー再訪もしやオロチはこういうデザインにしたかったのでは……マツダ大気!!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』