【スペック】全長×全幅×全高=4590×1785×1770mm/ホイールベース=2630mm/車重=1500kg/駆動方式=4WD/2リッター 直4DOHC16バルブ(137ps/5200rpm、20.4kgm/4400rpm)/価格=237万3000円(テスト車=311万9000円)(M)

日産エクストレイル 20X(4WD/CVT)【ブリーフテスト】

日産エクストレイル 20X(4WD/CVT) 2007.11.13 試乗記 ……311万9000円
総合評価……★★★★

日産の売れっ子SUV「エクストレイル」がフルモデルチェンジし2代目に生まれ変わった。大人なった新型の使い勝手と乗り心地を2リッターの上級モデルで試す。
(T)
日産・エクストレイル 20X(4WD/CVT)【ブリーフテスト】

気軽に付き合える

「日産エクストレイル」の一番の魅力は、気楽に付き合えるところにあると思う。
はじめて試乗した日は、あいにくの空模様で、乗り降りのために少しドアを開けるだけで内張りがびしょびしょになるほどの土砂降りだった。雨で湿った服や、水が滴り落ちる傘でシートが濡れる。もし、ドアトリムやシートが贅沢なレザーだったら……想像するだけでゾッとするが、“フル防水インテリア”をうたうエクストレイルなら心配は要らない。あとで拭き取ればいいだけの話だ。

もちろん世の中には気を遣わずにすむクルマなどたくさんあるが、エクストレイルの場合は、そのデザインやつくりに安っぽさがないのがいい。走らせれば多少条件が悪くても気にせず進める安心感や、タフな見た目とは裏腹に快適な乗り心地など、“使い倒す道具”にとどまらない実力の高さがうれしい。価格やサイズも手頃で、老若男女を問わず、安心してお勧めできるSUVなのである。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2014.2.12 試乗記 デザインも走りも一新した新型「日産エクストレイル」。好評だった初代、2代目の路線に別れを告げ、新境地に乗り出した3代目の実力を試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • 日産エクストレイル エコラン&オフロード試乗会【試乗記】 2015.9.9 試乗記 日産を代表するSUV「エクストレイル」に試乗。新たにラインナップされたハイブリッドモデルの燃費性能と、これまで以上に磨き上げたとされる3代目のオフロード走破性を確かめた。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
ホームへ戻る