クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3734×1683×1390mm/ホイールベース=2467mm/車重=1185kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(184ps/5500rpm、24.5kgm/1600-5000rpm)(欧州仕様車)

MINIクーパーS ロードスター(FF/6MT)【海外試乗記】

シャレのきいたオープン 2012.02.16 試乗記 MINIクーパーS ロードスター(FF/6MT)

間もなく日本に上陸する「MINI」シリーズ初の2シーターオープン「MINIロードスター」。MINIにおいてロードスターとはいったいどんな存在なのか。ポルトガルはリスボンで試乗した。

イギリス的発想

「3ドアハッチバック」に「コンバーチブル」、「クラブマン」に「クロスオーバー」……と、見ているこちらが心配になるほど拡大するバリエーションにあって、第5のミニとなる「クーペ」は今までのそれとは一線を画する特殊なクルマだ。

実用性を削(そ)ぎ落として2シーター化された上に50mmもチョップされた全高。その低重心化に加えて、はっきりと固められたアシを与え、持ち前のゴーカートフィールをより先鋭化させるという手法は、運動性能向上の定石と言えなくもない。

が、そのたたずまいは相当に個性的だ。ピラーを13度寝かせてしつらえたキャビンにちょこんと載るルーフは、さながらクルマに帽子でもかぶせたようなデザインで、ボディーとの統一感をあえて嫌っているようにも見える。そのとってつけたかのようなフォルムに、ブリティッシュクラシックの姿を重ねるのは古くからのクルマ好きだけだろうか。

そう、ミニクーペが往年のライトウエイトスポーツのオマージュであれば、必要なのはロードスターだ。第6のミニとなるそのクルマは、僕にとってはまずそういうものに映る。順序こそ逆転したものの、ミニの体でそれをやるというしゃれも含めて、この2台にミニの精神的故郷であるイギリスをもっとも強く感じるというのは、裏返せば彼らの術中にまんまとハマっているのかもしれない。

「MINIロードスター」はすべてのグレードにスポーツシートが装備される。
「MINIロードスター」はすべてのグレードにスポーツシートが装備される。
    拡大
ボディーカラーはメタリックカラーを含む8色が用意され、エンジンフードとラゲッジルームカバーのスポーツストライプは黒とシルバーが選べる。
ボディーカラーはメタリックカラーを含む8色が用意され、エンジンフードとラゲッジルームカバーのスポーツストライプは黒とシルバーが選べる。
    拡大
「MINIロードスター」は「MINIコンバーチブル」と比べて13度傾斜したフロントウィンドウと平らに伸びるリアにより、独特なスリーボックスデザインとなる。
「MINIロードスター」は「MINIコンバーチブル」と比べて13度傾斜したフロントウィンドウと平らに伸びるリアにより、独特なスリーボックスデザインとなる。 拡大
大型のセンターメーターやステアリングホイール奥のタコメーターなど、MINIブランド共通のインテリア。
大型のセンターメーターやステアリングホイール奥のタコメーターなど、MINIブランド共通のインテリア。
    拡大
シートの後ろにはハンドバッグなどが置けるリアラゲッジトレイが備わり、トランクスルー機能により荷室へのアクセスも可能。
シートの後ろにはハンドバッグなどが置けるリアラゲッジトレイが備わり、トランクスルー機能により荷室へのアクセスも可能。
    拡大
オープンモデルながら、240リッターの荷室容量を確保する。
オープンモデルながら、240リッターの荷室容量を確保する。 拡大

インテリアはスパルタン風?

そんなわけで、ミニロードスターのアーキテクチャはその大半をクーペと共有している。クーペの場合、3ドアハッチバックに対しては先の低重心化に加えて、モデル特有の操安性を実現すべく各部に補強が施され、電動ポップアップのスポイラーが装着されるなどで30kgほど重量を増やしているが、ロードスターはそのクーペと重量が変わらない。

手動式のほろはロードスターを名乗るだけあり薄手のものとなっており、慣れれば車内からの開閉も行えるほど簡便な扱いを可能にしている。このコンパクトなほろ屋根のおかげもあって、リアの独立したトランクルームの容量は、クーペの280リッターに対して240リッターと最低限の減少にとどまった。大人2人の小旅行程度であればなんとか賄うことも可能だろうし、シートバックには狭いながらも手荷物を置くスペースも用意されている。

日本仕様のエンジンバリエーションはガソリンの3種類。全て1.6リッターの直噴仕様で、NAの122psが「クーパー」、ターボの184psが「クーパーS」、そしてマネジメントの違いで211psを発生する「ジョンクーパーワークス」となる。この辺りのグレード構成は他のファミリーと同様だ。ミッションはそれぞれに6段MTと6段ATがあてがわれる。

車内に乗り込むとまず感じられるのは、天地に狭い前方視界。目の前にある造作物は見慣れたミニのそれだが、先述した通り、削られた天井高がドライバーの心持ちを違う世界へと誘う仕組みだ。サイドウィンドウに切り取られた景色も前のめりで、ファニーな外観とはひと味違うスパルタンな印象をドライバーは抱くことになるだろう。

ほろを閉じた状態での快適性は、ロードスターの名から想像するほど悪いものではなかった。遮音性や気密性はコンバーチブルに劣るだろうが、速度を上げても車内の会話を妨げるほどにほろがバタバタと膨らむわけでもない。これなら普段遣いでも十分こなせるかな……と思いつつ、屋根を全開にしてみると、このクルマの狙いを思い知らされた。

搭載されるエンジンはクーペと同様1.6リッター直4。
搭載されるエンジンはクーペと同様1.6リッター直4。
    拡大
布製のソフトトップは手動で開閉する。カラーは黒のみ。
布製のソフトトップは手動で開閉する。カラーは黒のみ。 拡大

クルマの価値

街乗りのような速度域でも額や肩の辺りに感じられる走行風は、高速道路に乗ればブンブンと車内を通り抜ける。シート間の小さなディフレクターは巻き込みによる不快な滞留をなんとか抑えるが、少なくとも上半身は常に空気の流れを意識させられた。真冬でも快適ドライブをうたう昨今のオープンカーのアベレージに対してきっぱりと割り切られたエアフローは、もちろん確信犯である。便利なオープンが欲しいなら、同じ店でコンバーチブル買ってぇなと言わんがばかりの仕打ちには笑うしかない。

そんなものだから、ロードスターでのドライブは寒いかもしれないけれど気持ちがいい。女性の皆さまにおかれては七面倒なだけかもしれないが、男子の健全なクルマ好きにはどこか懐かしい、青春の匂いが盛大な向かい風の中に嗅ぎ取れる。そこに加えて言えば、ロードスターは屋根が落ちたぶん、クーペに比べると剛性バランスがちょうどいいところに落ち着いたという副産物がある。アシの設定は変わりないというが、乗り味はこちらの方が俄然(がぜん)しなやかで、その心地よいいなし感は普段乗りでも十分に享受できた。

試乗車のクーパーSは16インチタイヤを履いていたが、これもまた作り手の本意と言えるだろう。屋根開きでは弊害が大きいむやみなインチアップはなしに、公道での順応性が高いこの組み合わせでギュンギュン風を感じながら走ってほしいと。その狙いはピタリとはまっていて、ロードスターはクーペにおいて増強されたゴーカートフィールはそのままに、剛性低下を感じさせないギリギリの辺りを使いながら普通の道を走って楽しいクルマに仕上がっている。

それでも同じ店にはこっちより便利でそこそこに楽しいファミリーがゴロッと並べられているのだから、ともあれミニロードスターはその意気やよしとしなければ買えないイチモツといえるだろう。その敷居こそがこのクルマの価値をよりとがったものにする。

ミニのプランナーはそこまでお見通しでクーペとロードスターをしつらえたに違いない。痛々しいほど厳しい駆け引きが続く現在の自動車ビジネスを、もてあそぶように楽しんでいる彼らのしゃれっぷりは、ある意味すごいと思う。

(文=渡辺敏史/写真=BMWジャパン)


MINIクーパーS ロードスター(FF/6MT)【海外試乗記】の画像 拡大
シートの後ろにはステンレススチール製のロールオーバー保護バーが配置される。走行風の巻き込みを抑えるウインドディフレクターはオプション装備となる。
シートの後ろにはステンレススチール製のロールオーバー保護バーが配置される。走行風の巻き込みを抑えるウインドディフレクターはオプション装備となる。
    拡大

MINIクーパーS ロードスター(FF/6MT)【海外試乗記】の画像 拡大
ホイールはグレードによって異なり、「クーパー」が15インチ、「クーパーS」は16インチ、「ジョンクーパーワークス」は17インチとなる。
ホイールはグレードによって異なり、「クーパー」が15インチ、「クーパーS」は16インチ、「ジョンクーパーワークス」は17インチとなる。 拡大

関連キーワード:
MINIロードスターMINI試乗記

あなたにおすすめの記事