BMW5シリーズ、ヘッドランプを多機能に

2007.11.12 自動車ニュース

BMW5シリーズ、ヘッドランプを多機能に

独BMWは、ミドルクラス「5シリーズ」のヘッドランプに、新たな自動配光技術を採用すると発表した。

2007年秋の生産分から、BMW5シリーズ(本国仕様)のヘッドランプがアップグレードされる。
新たに加わる機能は、車速に応じて前方の照射範囲を変えるというもの。たとえば、50km/h以下の市街地走行では幅広く、高速道路においてはより長く遠くへ、自動的に配光レンジを使い分ける。さらに、前方の車両を自動感知してハイビームのオンオフを制御する「ハイビームアシスト」なども用意される。
ただし、以上は本国ドイツにおける機能で、日本仕様車には導入されないとのことである。

その日本仕様車も、今夏のマイナーチェンジでヘッドランプを小変更。ステアリングの切れ角でランプの照射範囲を左右に動かす「アダプティブヘッドライトシステム」に、コーナリングライトが新たに加えられた。
35〜65km/hでドライバーが方向指示器を操作したり、ステアリングホイールを急転換した時などに、コーナリングライトが横方向を照射。アダプティブヘッドライトシステムを補助するものだ。

(webCG 関)

2007年6月30日にマイナーチェンジされた「BMW 5シリーズ」。
2007年6月30日にマイナーチェンジされた「BMW 5シリーズ」。

関連キーワード:
5シリーズ セダンBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMWの新型SUV「X2」が日本デビュー 2018.4.16 自動車ニュース BMWジャパンは2018年4月16日、新型のSUV「BMW X2」を発表し、同日、受注を開始した。基本設計を「X1」と共有しつつも、クーペタイプのスタイリッシュなデザインを特徴としている。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • アウディが「A6アバント」の新型を発表 2018.4.12 自動車ニュース 独アウディは2018年4月11日(現地時間)、新型「アウディA6アバント」の概要を発表した。パワーユニットにはマイルドハイブリッドが採用されており、室内スペースは従来モデルよりも広くなっている。
ホームへ戻る