BMW5シリーズ、ヘッドランプを多機能に

2007.11.12 自動車ニュース

BMW5シリーズ、ヘッドランプを多機能に

独BMWは、ミドルクラス「5シリーズ」のヘッドランプに、新たな自動配光技術を採用すると発表した。

2007年秋の生産分から、BMW5シリーズ(本国仕様)のヘッドランプがアップグレードされる。
新たに加わる機能は、車速に応じて前方の照射範囲を変えるというもの。たとえば、50km/h以下の市街地走行では幅広く、高速道路においてはより長く遠くへ、自動的に配光レンジを使い分ける。さらに、前方の車両を自動感知してハイビームのオンオフを制御する「ハイビームアシスト」なども用意される。
ただし、以上は本国ドイツにおける機能で、日本仕様車には導入されないとのことである。

その日本仕様車も、今夏のマイナーチェンジでヘッドランプを小変更。ステアリングの切れ角でランプの照射範囲を左右に動かす「アダプティブヘッドライトシステム」に、コーナリングライトが新たに加えられた。
35〜65km/hでドライバーが方向指示器を操作したり、ステアリングホイールを急転換した時などに、コーナリングライトが横方向を照射。アダプティブヘッドライトシステムを補助するものだ。

(webCG 関)

2007年6月30日にマイナーチェンジされた「BMW 5シリーズ」。
2007年6月30日にマイナーチェンジされた「BMW 5シリーズ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
ホームへ戻る