BMW5シリーズ、ヘッドランプを多機能に

2007.11.12 自動車ニュース

BMW5シリーズ、ヘッドランプを多機能に

独BMWは、ミドルクラス「5シリーズ」のヘッドランプに、新たな自動配光技術を採用すると発表した。

2007年秋の生産分から、BMW5シリーズ(本国仕様)のヘッドランプがアップグレードされる。
新たに加わる機能は、車速に応じて前方の照射範囲を変えるというもの。たとえば、50km/h以下の市街地走行では幅広く、高速道路においてはより長く遠くへ、自動的に配光レンジを使い分ける。さらに、前方の車両を自動感知してハイビームのオンオフを制御する「ハイビームアシスト」なども用意される。
ただし、以上は本国ドイツにおける機能で、日本仕様車には導入されないとのことである。

その日本仕様車も、今夏のマイナーチェンジでヘッドランプを小変更。ステアリングの切れ角でランプの照射範囲を左右に動かす「アダプティブヘッドライトシステム」に、コーナリングライトが新たに加えられた。
35〜65km/hでドライバーが方向指示器を操作したり、ステアリングホイールを急転換した時などに、コーナリングライトが横方向を照射。アダプティブヘッドライトシステムを補助するものだ。

(webCG 関)

2007年6月30日にマイナーチェンジされた「BMW 5シリーズ」。
2007年6月30日にマイナーチェンジされた「BMW 5シリーズ」。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
ホームへ戻る