【スペック】全長×全幅×全高=3930×1725×1525mm/ホイールベース=2460mm/車重=1150kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、14.1kgm/4400rpm)/価格=178万5000円(テスト車=201万9150円)

トヨタ・イスト 150G(FF/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・イスト 150G(FF/CVT) 2007.11.12 試乗記 ……201万9150円
総合評価……★★

2007年7月30日にフルモデルチェンジされ、サイズも排気量も大きくなった「トヨタ・イスト」。国外における販売も視野にいれた新型モデルを試す。

トヨタ・イスト 150G(FF/CVT)【ブリーフテスト】

上方修正

初代モデルの誕生以来、丸5年ぶりのフルモデルェンジ。“フェンダーを中心としたデザイン”などに継続性が認められるが、一見してボリュームが随分アップした。それもそのはず、全長はまだ4mを切るものの、全幅は1725mmと“3ナンバー枠”へ突入。初代モデルが日本市場をメインターゲットとして開発されたのに対し、今度は当初よりアメリカ(新たに欧州も?)での多くの販売を目論んだためと考えられる。

車両キャラクターの変化を裏付けるのが、搭載するエンジンの排気量。従来型は1.3、1.5リッターであったが、新型は1.5、1.8リッターという構成。ヴィッツが先行して「立派なモデルチェンジ」をした煽りを受けて(?)、当時のイストは販売量がダウン。そんな過去の苦い思い出(?)から、サイズも排気量も価格も敢えて上方へ軌道修正したのが新型、という見方もできる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・オーリス120T(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.25 試乗記 トヨタ初の1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載する「トヨタ・オーリス120T」に試乗。その走りは“ダウンサイジング”では一歩先を行く欧州勢に迫ったか? 遅れてきた主役の実力を探った。
  • トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】 2012.10.18 試乗記 トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)
    ……255万3083円

    大胆なテレビCMが話題となった「トヨタ・オーリス」。その走りをMTモデルで確かめた。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • トヨタ・オーリス120T/86 GT“リミテッド”/プリウスα G's/ハリアーG's【試乗記】 2015.4.14 試乗記 マイナーチェンジと合わせ、新開発の1.2リッターターボエンジン搭載モデルが追加された「オーリス」と、小変更を受けた「86(ハチロク)」、「G's」のラインナップに加わった「プリウスα(アルファ)G's」「ハリアーG's」をサーキットで試乗した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る