【スペック】全長×全幅×全高=3930×1725×1525mm/ホイールベース=2460mm/車重=1150kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、14.1kgm/4400rpm)/価格=178万5000円(テスト車=201万9150円)

トヨタ・イスト 150G(FF/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・イスト 150G(FF/CVT) 2007.11.12 試乗記 ……201万9150円
総合評価……★★

2007年7月30日にフルモデルチェンジされ、サイズも排気量も大きくなった「トヨタ・イスト」。国外における販売も視野にいれた新型モデルを試す。

トヨタ・イスト 150G(FF/CVT)【ブリーフテスト】

上方修正

初代モデルの誕生以来、丸5年ぶりのフルモデルェンジ。“フェンダーを中心としたデザイン”などに継続性が認められるが、一見してボリュームが随分アップした。それもそのはず、全長はまだ4mを切るものの、全幅は1725mmと“3ナンバー枠”へ突入。初代モデルが日本市場をメインターゲットとして開発されたのに対し、今度は当初よりアメリカ(新たに欧州も?)での多くの販売を目論んだためと考えられる。

車両キャラクターの変化を裏付けるのが、搭載するエンジンの排気量。従来型は1.3、1.5リッターであったが、新型は1.5、1.8リッターという構成。ヴィッツが先行して「立派なモデルチェンジ」をした煽りを受けて(?)、当時のイストは販売量がダウン。そんな過去の苦い思い出(?)から、サイズも排気量も価格も敢えて上方へ軌道修正したのが新型、という見方もできる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ86 GT“リミテッド”(FR/6MT)【試乗記】 2016.10.25 試乗記 「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに、2016年夏にマイナーチェンジを受けた「トヨタ86」。従来モデルとの違いを確かめるとともに、FRのスポーツカーをマニュアルトランスミッションで楽しめる幸せをかみしめた。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る