クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=3930×1725×1525mm/ホイールベース=2460mm/車重=1150kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(109ps/6000rpm、14.1kgm/4400rpm)/価格=178万5000円(テスト車=201万9150円)

トヨタ・イスト 150G(FF/CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・イスト 150G(FF/CVT) 2007.11.12 試乗記 ……201万9150円
総合評価……★★

2007年7月30日にフルモデルチェンジされ、サイズも排気量も大きくなった「トヨタ・イスト」。国外における販売も視野にいれた新型モデルを試す。

トヨタ・イスト 150G(FF/CVT)【ブリーフテスト】

上方修正

初代モデルの誕生以来、丸5年ぶりのフルモデルェンジ。“フェンダーを中心としたデザイン”などに継続性が認められるが、一見してボリュームが随分アップした。それもそのはず、全長はまだ4mを切るものの、全幅は1725mmと“3ナンバー枠”へ突入。初代モデルが日本市場をメインターゲットとして開発されたのに対し、今度は当初よりアメリカ(新たに欧州も?)での多くの販売を目論んだためと考えられる。

車両キャラクターの変化を裏付けるのが、搭載するエンジンの排気量。従来型は1.3、1.5リッターであったが、新型は1.5、1.8リッターという構成。ヴィッツが先行して「立派なモデルチェンジ」をした煽りを受けて(?)、当時のイストは販売量がダウン。そんな過去の苦い思い出(?)から、サイズも排気量も価格も敢えて上方へ軌道修正したのが新型、という見方もできる。


トヨタ・イスト 150G(FF/CVT)【ブリーフテスト】

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
“……する人”を表す「ist」を車名にしたイストは、2002年5月8日に発表された。「若者のモビリティライフに応える最上のコンパクト車」をコンセプトに開発された5ドアハッチ。2007年7月30日のフルモデルチェンジで2代目となり、キャッチコピーは「New Style, New Position」。
2BOXとSUVを融合させたというクロスオーバースタイルのボディは、全長×全幅×全高=3930×1725×1525mmと、横幅が1700mmを超え、3ナンバーサイズになった。また、全長こそ先代比+5mmとあまり変わらないものの、90mm延長されたホイールベースは2460mmになり、後席スペースやラゲッジスペースの向上に配慮した。
エンジンは、吸・排気ともに可変バルブタイミング機構を搭載した1.5リッターと吸気のみに可変バルブタイミングを搭載した1.8リッターの直4エンジンがラインナップされ、それぞれCVTと4ATが組み合わされる。1.5リッターエンジン搭載モデルは、装備の違いによって「150G」「150X」という2グレードに分かれる。1.8リッターモデルは「180G」のモノグレード。
SRSサイド&カーテンシールドエアバッグ、アクティブヘッドレストの全車標準装備をはじめとして、「平成22年度燃費基準+10%」や「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」などを達成した。

(グレード概要)
「150G」は、ベースモデルの「150X」にアルミホイールやCD・AM/FMラジオ+6スピーカー+アクセサリコネクター、本革巻きステアリングホイール等の装備を追加した1ランク上の仕様。1.5リッター直4エンジンは109ps/6000rpm、14.1kgm/4400rpmの最大出力を発生する。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
タコメーターとスピードメーターを“同心円”とし、センターパネルもフローティング調とするなど、ダッシュボードはなかなか凝ったデザイン。が、コントラストが弱いために、サングラスをかけると見づらいタコメーターや、“同心円メーター”の根元を隠すパッチ状の加飾、コンビネーション・メーターの仕切り板など、どうも機能性に欠ける遊びが多過ぎる。各部のシボなどに少々チープな素材感が漂うのもちょっと残念。一方、全車のステアリングコラムにテレスコピック機構を加えた恩恵で、ドライビングポジションの自由度は大いに高まった。評価すべきポイントだ。ただしステアリングホイールの位置を変えようと、ロックを外すと重いコラムが「落ちてくる」点は要改良。

(前席)……★★★
ヒップポイントは680mmとやや高めだが乗降性は上々。コンパクトカーとしてはサイズも大きめ。やはり海外市場を意識しているゆえか。後突時にヘッドレストが前斜め上方へと動き、むち打ち症を軽減させるアクティブ・ヘッドレストを採用する。常用シーンでの違和感はない。やや高い面圧を感じる着座性そのものは、ごく標準的。

(後席)……★★★
やや後ろ下がりのルーフラインのお陰で、ドア開口部は天地幅が小さめ。乗り降りの際には前傾気味の姿勢を取らないと、頭をぶつけがちになる。足元フロアはフラットで、前席下への足入れ性も優れる。居住空間的には文句ナシ。
シートバック前倒しでラゲッジフロアと面一の空間が生み出せるダイブダウン機構は嬉しいが、クッションストロークはやや少なめ。座り心地そのものは「まずまず」というレベル。

(荷室)……★★★★
前述のようにワンタッチでアレンジが可能なリアシート。スライド機構も備えるため、「人のためのスペース」と「荷物のためのスペース」を必要に応じて融通できる。荷室の使い勝手はなかなかいい。フロアボード下にはかなり深いサブトランクも用意されるので、多少の汚れ物などはこちらに収納できるのもポイント高し。荷物固定用のフックやトノーカバーも標準で装備。テールゲートはオーソドックスな跳ね上げ式だが、比較的軽く操作ができるのは日常シーンには嬉しい。

車買取・中古車査定 - 価格.com

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
150Gに搭載されるのは、1.5リッターの109psエンジン+CVTという組み合わせ。燃費向上意識が強いゆえか、かなり低い回転数を好むセッティングがされている。アイドリング時の振動はやや大きめ。同様に燃費を気にしてか「D」レンジでスタートすると直後に一度エンジン回転数が大きく下がる設定にも、ちょっと違和感を感じる。低速時に一定速で走行しようとすると、エンジン回転が微妙にハンチング(上下)して意図しない速度変化を起こしがちなのも気になるポイント。「S」レンジをセレクトするとこうした違和感は解消するが、今度は必要以上に高いエンジン回転数を選びがちになるのが悩ましい。

(乗り心地+ハンドリング)……★★
ヴィッツベースのシャシーに無理矢理(?)16インチのシューズを履かせたためか、走りの質感は高いとはいえない。走り出した瞬間から路面凹凸を拾っての上下Gが強めで、ひょこひょこと落ち着かない。ボディが持ち上げられることによる耐転倒性を高めるため、全般に脚がかためられた……。そんなことを想像させられる乗り味である。
ロードノイズが大きめでばね下の動きもやや重々しい。最小回転半径が5.5mとボディサイズのわりに小回りがきかないのも、やはり“分不相応”に大きなシューズによる弊害か……。と、そんなことを理詰めで考えるより、クロスオーバー調のスタイリングを楽しんで乗りこなすのが“イスト通”なのかもしれない。

(写真=荒川正幸)

【テストデータ】

報告者:河村康彦
テスト日:2007年8月14日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2007年型
テスト車の走行距離:3649km
タイヤ:(前)195/60R16(後)同じ
オプション装備:ディスチャージヘッドランプ(4万7250円)/スマートエントリー&スタートシステム+盗難防止システム(4万950円)/DVDナビゲーション+ステアリングスイッチ+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター(13万1250円)/ETCユニット(1万4700円)
走行状態:市街地(4):高速道路(6)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

関連キーワード:
イストトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事