27.2km/リッターの「スズキMRワゴン エコ」登場

2012.02.14 自動車ニュース

スズキ、27.2km/リッターを実現した軽乗用ワゴン「MRワゴン エコ」を発売

スズキは2012年2月14日、軽乗用ワゴン「MRワゴン」をベースに、27.2km/リッターの低燃費を実現した「MRワゴン エコ」を追加し、発売した。

「MRワゴン エコ」は、「アルト エコ」にも採用された低燃費化技術により、燃費性能のさらなる向上が図られた軽乗用ワゴンだ。燃費性能は、以前から設定されていた低燃費グレード「Xアイドリングストップ」を3.0km/リッター上回り、軽ワゴンではトップとなる27.2km/リッターを達成(JC08モード)。10・15モード燃費は30.0km/リッターとうたわれる。

燃費向上のポイントは、エンジンとCVTのより綿密な協調制御や、それぞれの部品のフリクション低減、停車直前の減速時からエンジンを停止する新アイドリングストップシステムの採用など。また前後ハブまわりの回転抵抗の低減や、走行中の引きずり抵抗を低減するフロントブレーキパッド、転がり抵抗の少ないタイヤの採用など、動力伝達機構や制動装置などにも手が加えられている。

車体色には、新色の「リーフホワイト」を含む全8色が設定される。

価格は、以下のとおり。
・ECO-L(タッチパネルオーディオ装着車):117万3900円
・ECO-L(オーディオレス仕様車):112万1400円
・ECO-X(タッチパネルオーディオ装着車):131万400円
・ECO-X(オーディオレス仕様車):125万7900円

(webCG 曽宮)

「MRワゴン エコ」
「MRワゴン エコ」

27.2km/リッターの「スズキMRワゴン エコ」登場の画像

27.2km/リッターの「スズキMRワゴン エコ」登場の画像

27.2km/リッターの「スズキMRワゴン エコ」登場の画像

関連キーワード:
MRワゴンスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
ホームへ戻る