第16回:イタ車ファンなら一家に一基!? ジウジアーロの家庭用「エレベーター」は250万円ナリ!

2007.11.10 エッセイ

第16回:イタ車ファンなら一家に一基!? ジウジアーロの家庭用「エレベーター」は250万円ナリ!

「ドムスリスト・ジウジアーロ・デザイン」
第16回:イタ車ファンなら一家に一基!? ジウジアーロの家庭用「エレベーター」は250万円ナリ!

巨匠、こんなこともやってます

巨匠ジョルジェット・ジウジアーロといえば、イタリアを代表するカースタイリストのひとりである。彼が会長を務めるイタルデザイン-ジウジアーロは1968年の創立以来200車種以上のデザインに関与し、台数にすると4千万台が世界の道を走っているという。

代表作に初代「フィアット・パンダ」、最新作に「アルファ・ブレラ」などがあるのは、『webCG』読者には説明する必要はなかろう。
そのジウジアーロによる「エレベーター」が、イタリアで販売されている。名前は「ドムスリフト・ジウジアーロ・デザイン」だ。昨年発表された。デザインを担当したのはイタルデザインの関連会社で、建築部門を担当するジウジアーロ・アルキテットゥーラ社である。実際に製造しているのは、ミラノを本拠とするエレベーターメーカーIGV社だ。

外観は1970〜80年代のイタルショーカーに通じるシンプルな佇まいである。インテリアでは、モダーンなタッチ式操作パネルの下に「GIUGIARO DESIGN」のサインが走る。いっぽうクールなエクステリアとは対照的に、天井にはカラーイルミネーションという“遊び”が施されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。