「スバル・ステラ」に全車盗難警報装置採用、廉価グレードも追加

2007.11.09 自動車ニュース
「スバル・ステラカスタム G」
「スバル・ステラ」に全車盗難警報装置採用、廉価グレードも追加

「スバル・ステラ」に全車盗難警報装置採用、廉価グレードも追加

富士重工業は2007年11月6日、軽自動車の「スバル・ステラ」を一部改良。同時にグレードの見直しを行い、同日に発売した。

助手席アンダートレー
「スバル・ステラ」に全車盗難警報装置採用、廉価グレードも追加

今回の一部改良では、後席スペース拡大のためにフロントシートが新形状とされた。助手席アンダートレーと盗難警報装置が、全車標準装備となったことも新しい。さらにキーレスアクセス&スタートが、一部グレードにオプション設定となった。
「ステラカスタム」の「R」「RS」グレードには14インチアルミホイールが与えられた。ミュージックCDサーバー&ウェルカムサウンドオーディオは「RS」に標準となった。

NA車の燃費性能向上や、新しいボディ色の追加(「L」「LX」のみ)も行われると同時にグレード展開も見直された。「ステラ」のベーシックグレード「L」に5MT車が加わえられ「ステラカスタム」に廉価グレードの「G」が追加設定された。
価格は88万8300円から153万7200円。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スバル・ステラL(FF/CVT)/ステラカスタムRS(FF/CVT)【試乗速報】 2006.6.27 試乗記 スバル・ステラL(FF/CVT)/ステラカスタムRS(FF/CVT)
    ……110万4600円/152万2500円

    軽自動車のスタンダードとなったハイトワゴンが、ようやくスバルからも登場した。「ワゴンR」「ムーヴ」「ライフ」と強力なライバルが居並ぶ中で、「ステラ/ステラカスタム」が激戦区で戦うための武器とはいかなるものか。


  • スバル・ステラカスタムR リミテッドS(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2011.7.12 試乗記 ……136万円
    総合評価……★★★

    ダイハツからのOEM車として生まれ変わった「スバル・ステラ」シリーズ。その中身にスバルらしさは感じられるのか? スポーティグレードに試乗し、確かめた。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • 「スバル・ステラカスタム」に135万円の新グレード登場 2016.6.21 自動車ニュース スバルが軽乗用車「ステラ」を一部改良。「カスタム」に装備を簡素化し、価格を抑えた新グレード「F」を設定したほか、メーカーオプションである「プレミアムセレクション」「ブラックインテリアセレクション」の配色や装飾パネルの意匠を変更した。
  • スバルR2 S(CVT)【ブリーフテスト】 2004.2.2 試乗記 ……141.0万円
    総合評価……★★★

    (室内)寸法競争と決別し、デザイン重視でつくられた軽コミューター「スバルR2」。スーパーチャージドユニットを積む「S」グレードに乗った別冊CG編集室の道田宣和は、質感の高さに驚くものの……。


ホームへ戻る