第342回:俺は富士でなぜ「レクサスIS F」に感動したのか?
これはニッポン社会の変貌だ!!

2007.11.09 エッセイ

第342回:俺は富士でなぜ「レクサスIS F」に感動したのか?これはニッポン社会の変貌だ!!

LSハイブリッドまでは不安だった

みんな「やればできるんじゃん!」と思ったんじゃないかなぁ、「レクサスIS F」。先日トヨタのお膝元、富士スピードウェイでレクサスの新ネタが公開され、試乗会が行われたわけだけど、自動車マスコミはそろって大絶賛でした。このクルマ。

というか考えてみればウケるのも当然で、なんせ“和製BMW3シリーズ”とでもいうべきプレミアムセダンの「IS」に、5リッターV8積んじゃってるんだからさ。まさしく“和製BMW M3 ”! で423psのコンパクトFRなんだからすごいに決まってる。

ただね。正直、今までのレクサスLSにしてもGSにしても前評判のわりに心の底から“素晴らしいっ”! って言い切れるデキじゃなかっただけに、どっか引っかかってた。不安になってた部分があったわけよ。
GSは新しい3.5リッターV6エンジンもハイブリッドシステムもすごかったけど「あのデザイン、そんなにキレイ?」って思ったのも事実だし、LSも同様に、4.6リッターV8にせよ8段ATにせよ凄かったけど「セルシオひっぱってるなぁ……」って感じたりもした。

だから今年、性能的にもコンセプト的にも世界に類のない「LSハイブリッド」が追加されて、やっと「レクサス、ホンキだぜ!」感が伝わってきたわけ。ようやっと2005年のブランド立ち上げ当初の「“最高”のデザインに、“最高”の品質に、“最高の”のサービスに……」って、担当役員さんの“最高ン連発”トークも納得できた。引っ張りに引っ張りまくったぶん、俺たちの感激もひとしおだった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』