「スズキ・ジムニー」に恒例の「ワイルドウインド」モデルが追加

2007.11.08 自動車ニュース
「ジムニー・ワイルドウインド」
「スズキ・ジムニー」に恒例の「ワイルドウインド」モデルが追加

「スズキ・ジムニー」に恒例の「ワイルドウインド」モデルが追加

スズキは、「ジムニー」と「ジムニーシエラ」に特別仕様車「ワイルドウインド」を設定、2007年11月6日に発売した。

「ジムニーシエラ・ワイルドウインド」
「スズキ・ジムニー」に恒例の「ワイルドウインド」モデルが追加

特別装備として、表皮をアルカンターラ素材としたシートや、専用の黒木目調センターガーニッシュ&シフトノブ、本革巻ステアリングホイールを備えるほか、スペアタイヤハウジングやフロアマットは「WILD WIND」ロゴ入りの専用品となる。

加えて、ジムニーには、専用フロントグリル、フォグランプ、アルミホイール、ヒーター付電動格納式リモコンドアミラー、シートヒーターが標準装備され、ジムニーシエラはフロントバンパーが専用デザインとなる。

ボディカラーは、「ブルーイッシュブラックパール」「パールホワイト」「シャイニングレッドパール」「クリアベージュメタリック」の4色を設定。

両モデルとも、5MTと4AT仕様が用意され、それぞれジムニー・ワイルドウインドが147万5250円と158万3400円。ジムニーシエラ・ワイルドウインドが163万5900円と174万4050円となる。

(webCG 依田)

関連キーワード:
ジムニージムニーシエラスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第452回:今だからこそ語りたい!
    現行型「ジムニー」に宿る普遍の魅力
    2017.10.21 エディターから一言 前回のモデルチェンジから20年を迎え、いよいよ新型の登場が現実味を帯びてきた「スズキ・ジムニー」。とはいえ、依然として今のモデルの魅力が色あせていないのも事実である。長年にわたり活躍してきた現行ジムニーに宿る、普遍の魅力について考えてみた。
  • スズキ・ジムニー ランドベンチャー(4WD/4AT)【試乗記】 2015.1.15 試乗記 今年でデビュー17年目を迎える現行型「スズキ・ジムニー」。自家用車としては異例ともいえるロングセラーモデルの「ご長寿の秘訣(ひけつ)」を探った。
  • スズキ・クロスビー ハイブリッドMZ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.1.25 試乗記 スズキの新型車「クロスビー」がデビュー。ワゴンとSUVのクロスオーバーとうたわれるニューモデルとはいえ、第一印象はどう見てもデカい「ハスラー」だが……。試乗を通じて見えてきた“兄貴”ならではの魅力を報告する。
  • スズキ・ジムニーXC(4AT)【試乗記】 2005.8.15 試乗記 スズキ・ジムニーXC(4AT)
    ……158万250円

    1970年に初代が誕生した「スズキ・ジムニー」は、軽自動車で本格派クロスカントリー4WDが楽しめることで、一躍人気を集めた。が、3代目となる現行モデルは、人気低迷ぎみ。その理由は……。


  • エンジンに新技術、マツダが「CX-5」を一部改良 2018.2.8 自動車ニュース マツダがミドルサイズSUV「CX-5」に一部改良を実施。ディーゼル車、ガソリン車ともにエンジンの改良によって走りと実燃費を改善したほか、360°ビューモニターを採用したり、パワーリフトゲートの設定を拡大したりと、装備の拡充も図っている。
ホームへ戻る