クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】240G:全長×全幅×全高=4695×1785×1550mm/ホイールベース=2780mm/車重=1570kg/駆動方式=FF/2.4リッター 直4DOHC16バルブ(163ps/6000rpm、22.6kgm/4000rpm)/価格=286万円(テスト車=350万8900円/HDDナビゲーションシステム=42万6300円/本革シート表皮(フロントシートヒーター付)=17万3250円/G-BOOK mX Pro専用DCM=4万9350円)

トヨタ・マークX ジオ240G(FF/CVT)【短評(後編)】

ジオの正体 2007.11.08 試乗記 トヨタ・マークX ジオ240G(FF/CVT)
……350万8900円

“サルーンズ・フューチャー”を標榜する、ユニークな6シーター「マークX ジオ」。ミドルネームに込められたメーカーの意図は、何なのか? 『webCG』の近藤と関が試乗した。

やっぱりミニバン?

(前編からのつづき)
コ:インパネとドアの内張りは波紋型で個性的。新しさを出そうとしてるな。
せ:ドアの取っ手は、「アリオン」と共通デザインですね。素材は「樹脂×ヘアライン加工」だけ。保守的なウッドやメタルは意識的に避けられました。
コ:電源オンで全部のメーターが踊ってみせるのは、高性能バイクさながらの嬉しいデモや。ブルーの色づかいもなかなか綺麗。いい感じ。
せ:でも、よく見りゃフォントは「デカ字」っぽい。ミドルエイジへの気遣いはシッカリ、です。
コ:着座位置は結構高くて、「やっぱりミニバン」て思うとこやね。シフトレバーの生え方も、ミニバン的。
せ:実際、楽ではあります。ミニバン慣れしたユーザーには、なおさら安心感があるでしょう。

コ:エンジンも、頼もしい。ベースグレードが2.4リッターとは、ずいぶん拡大したもんやね。
せ:同じエンジンの「ヴァンガード」は170psなのですが、ジオは163ps。床が低めだから、排気管の取り回しでロスしています。
コ:「ブレイド」や「ヴァンガード」と同じ心臓か。プラットフォームも同じやった。
せ:さらに3.5リッター280psのV6もありますが、実際の売れ筋はこの2.4で、全体の8割を占めるとか。駆動方式でみれば、FFが9割。残りが雪国向けのヨンクです。

注目の記事PR
  • 音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。
    音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

意外な発見

コ:クルマの質を語るなら、肝心なんは乗り心地。目玉のキャプテンシート、2列目の乗り心地はどうよ?

せ:エスティマやヴァンガードほどではないですが、下げきったときの足先は十分。かけ心地とも満足できます。
コ:滑りやすい革シート仕様やけど、キャプテンシートならではのサポートに助けられるな。
せ:ただ、横のゆとりで見れば、100%ベターじゃない。ベンチ型のほうがくつろげるというひともいるでしょう。
コ:「ハンドバッグ隣に置きたいわぁ!」言うオバチャン、必ずいてる。だから、ベンチシート仕様も用意されてると……。

せ:意外だったのは、非常用だと思っていた3列目。1時間くらいの移動なら、十分イケる乗り心地ですよ。リアタイヤに近いけど、荒れたワインディングですら気持ち悪くはなりません。
コ:つま先がかなり前下がりやから、足首が伸びてツラいけどな。

せ:フル乗車すると2列目のポジションは一番前。2-3列目とも、ひざのスペースはほとんどなくなります。が、かけ心地はいい。
コ:実は2列目、飛ばしてる時は、その「一番前」がベストポジション。車体の中心に近いからか、クルマの動きに対するフィーリングが穏やか。膝はスレスレやけど、一番酔いにくいポジションに違いない。
せ:なんか、皮肉だなぁ……
コ:2列目のキャプテンシートは、高速で下げて、峠で引く。これがオススメ。


トヨタ・マークX ジオ240G(FF/CVT)【短評(後編)】の画像 拡大
トヨタ・マークX ジオ240G(FF/CVT)【短評(後編)】の画像 拡大
画像をクリックすると、3列目シートを引き出す様子が見られます。
画像をクリックすると、3列目シートを引き出す様子が見られます。 拡大

新・オトコの真ん中

せ:荷室は仕切り板が取れるし、主張通りの七変化。でも、「ご自由にどうぞ」といわれると、使い方に困ってしまうのが現実で……
コ:まぁ通常は4座か6座、どっちかで固定やね。ジマンの仕切り板も付けっぱなしか仕舞いっぱなしかになるんやろうけど。
せ:場合によっては、「セダン固定」もアリ!?
コ:実際、これが近未来のセダン像なんかもしれんよ。ミニバン花盛りの時代、セダンをどう進化させていくのか? ジオはある意味、「探り」やないかな。
せ:2007年の「カー・オブ・ザ・イヤー」獲得に向けて、トヨタが一押しするモデルでもあります。もしもこれがイケルとなったら、チマタにはジオの大きいのや小さいのが溢れたり……
コ:そうなる可能性、大やね。「クラウン・ジオ」に「カローラ・ジオ」……。で、ジオには、マークと雰囲気以外に「マークX」なところあったんか?
せ:「乗員に対するおもてなし感」でしょう。イルミネーション、夜の繁華街を流しているときなんか、ウットリしますよ。
コ:もてなしを享受する対象が違うねんな。マークXは、ドライバー。ジオは、ドライバー以外に奉仕する。ジオのヒトは「家族思い」や。
せ:それだって、立派に「オトコの真ん中」です。

コ:見た目はもうちょっとがんばってほしいな。
せ:マークXと同じ6灯ヘッドランプやバンパーインエグゾーストにしたらいいのに。クリームレザーとウッドが捨てがたいなぁ。ぜったいイルミに合いますよ。
コ:うーん……やっぱり「ブレイド・ジオ」じゃ、あかんかったんか?
せ:だからそれじゃ、トヨタ店でも売らなきゃいけないんだってば!

(文=webCG近藤俊、関顕也/写真=高橋信宏)

荷室の仕切り板は、フロアの下に収納できる。
荷室の仕切り板は、フロアの下に収納できる。 拡大
前後に長い室内イルミネーション。端にある4つのスポットライトが、4座それぞれを照らす。
前後に長い室内イルミネーション。端にある4つのスポットライトが、4座それぞれを照らす。 拡大

トヨタ・マークX ジオ240G(FF/CVT)【短評(後編)】の画像 拡大

関連キーワード:
マークXジオトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事