(写真=峰昌宏)
「トヨタFT-MV」次期アルファードは若い顔へ【コレはゼッタイ】

【コレはゼッタイ!】「トヨタFT-MV」次期アルファードは若い顔へ

【車両概要】

人を多く運ぶことではなく、6人を贅沢に運ぶことに注力したミニバン。2列目、3列目ともにセパレートのシートが用意され、シート前にはテレビモニターまで備わる、文字通りのVIPカーである。

【出展車紹介】「トヨタFT-MV」今度は“6人がゆったり座れる”クルマ

 
「トヨタFT-MV」次期アルファードは若い顔へ【コレはゼッタイ】

■現行エスティマベースへ正常進化

「はい、次期アルファードです!」
トヨタ関係者はあっさり、そう答えてくれた。たしかに「FT-MV」、どこから見ても「アルファード」っぽい。現行モデルとの最大の違いは、室内空間が増大したこと。フロアを45mm低床化することで、ヘッドクリアランスを拡大。リアシートでは、まるで飛行機のファーストクラス並みに豪華なリクライニングシートを完備する。

このまま量産化されても不思議ではない。現行アルファードは、先代「エスティマ」のプラットフォームだ。つまり次期アルファードは、現行エスティマがベースとなることで正常進化し、乗り味が大幅改善されるのは当然なのだ。
50代と20代、大きく2世代の市場で売れるというアルファード。次期モデルは顔が若返り、車内はさらなる高級仕様となるようだ。

(文=桃田健史)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。