イモビライザーを全車装備2008年モデル「シボレー・トレイルブレイザー」

2007.11.07 自動車ニュース

イモビライザーを全車装備2008年モデル「シボレー・トレイルブレイザー」

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、「シボレー・トレイルブレイザー」の2008年モデルを、2007年11月5日に発売した。

2008年モデルは、イモビライザーを全車に標準装備したほか、ホイールデザインが新しくなった。その他基本的な部分の変更はない。

ラインナップは、4.2リッター直6エンジン(295ps/38.4kgm)を積んだベースグレードの「LT」と、さらにフルオートエアコン、前席シートヒーター付き本革シート、電動スライド&チルトサンルーフなどを装備する「LTZ」。
安全面では、SIRデュアルステージフロントエアバッグやカーテンサイドエアバッグ、全席3点式シートベルトなども標準装備される。

価格は、「LT」(4WD/4AT)が376万9500円、「LTZ」(4WD/4AT)は426万3000円。左ハンドルのみ用意される。

(webCGワタナベ)

イモビライザーを全車装備2008年モデル「シボレー・トレイルブレイザー」の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD)【試乗記】 2017.3.22 試乗記 マイナーチェンジを受けた「三菱アウトランダーPHEV」に試乗。プラグインハイブリッドシステムの改良や先進安全装備の搭載など、全方位的に進化を遂げた最新モデルの出来栄えを、最上級グレード「Sエディション」で確かめた。
  • 第33回:ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その14) 2017.3.10 画像・写真 富士重工は第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で、新型「スバルXV」(欧州仕様)を世界初公開した。その姿を画像で紹介する。併せて、スズキとマツダのブースの様子を紹介する。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その11) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。メルセデス・ベンツはAMGブランドの将来のGTカーをうかがわせる「メルセデスAMG GTコンセプト」や、「Eクラス カブリオレ」などを披露した。
ホームへ戻る