(写真=峰昌宏)
「トヨタ iQコンセプト」:3年以内にデビューするプレミアムAセグメント【コレはゼッタイ!】

【コレはゼッタイ!】「トヨタ iQコンセプト」:3年以内にデビューするプレミアムAセグメント

【車両概要】
全長3mに満たないボディに4名乗車を実現した、“超高効率パッケージ”を謳うスモールカー。インテリアは高級感が演出されており、プレミアム路線のコンパクトカーを狙う。

【出展車紹介】「トヨタiQコンセプト」全長3m内に4人乗車を実現したスモールカー


「トヨタ iQコンセプト」:3年以内にデビューするプレミアムAセグメント【コレはゼッタイ!】

■「スマート・フォーツー」は意識していない

2007年9月、独フランクフルトショーでお披露目の際に、トヨタの欧州デザインスタジオ「EDスクエア」関係者は、「あくまでもデザインコンセプトでして……」と言葉を濁していた。しかし、実はその時点でもう、量産化は決定していたようだ。「プレミアムAセグメントカー」として、3年以内に日本登場、欧州でも販売予定があるという。

「iQコンセプト」に課せられた使命は、「全長3mで、4シーター」(より詳しく言えば、前席に大人ふたり、後席に大人ひとり+子供or荷物だが)。
トヨタ関係者に聞いたところ、「開発にあたって『スマート・フォーツー』は意識していなかった」とのこと。シャシーは欧州の「アイゴ」でも、日本の「パッソ」でもなく、新設計のもののようだ。エンジンは1リッター級で、駆動方式はFFが順当と思われる。

(文=桃田健史)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。