【スペック】240G:全長×全幅×全高=4695×1785×1550mm/ホイールベース=2780mm/車重=1570kg/駆動方式=FF/2.4リッター 直4DOHC16バルブ(163ps/6000rpm、22.6kgm/4000rpm)/価格=286万円(テスト車=350万8900円/HDDナビゲーションシステム=42万6300円/本革シート表皮(フロントシートヒーター付)=17万3250円/G-BOOK mX Pro専用DCM=4万9350円)

トヨタ・マークX ジオ240G(FF/CVT)【短評(前編)】

「マークX」ブラザーズ 2007.11.07 試乗記 トヨタ・マークX ジオ240G(FF/CVT)
……350万8900円

トヨタの新型クロスオーバーモデル「マークX ジオ」は、本当に「マークX」のファミリーといえるのか?
『webCG』近藤と関が比べてみた。

兄弟じゃない!?

コンドー(以下「コ」):どうしたん、今日はスーツ姿で?何をカッコつけてんの?
関(以下「せ」):ご覧ください。こちらが、トヨタの新型車「マークX ジオ」。気分は『オトコの真ん中でいたいじゃないか』。佐藤浩市のCMにすっかりヤラレました。
コ:それは、素の「マークX」……。これは、違うやん。
せ:マークX“ジオ”ですから。なんなら、あとは「ジオ」ってことで……
コ:あかん。ズレてるわ。パッと見、ワゴンボディには見えるけど、ホンマに「マークXのワゴン版」なん? どうも怪しい。

せ:鋭い! ジオは、「東京モーターショー2005」で評判だったコンセプトカー「トヨタFSC」を、そのまま商品化したものなんです。4人分のメインキャビンにエクストラシートを組み合わせた6座モデルで、「セダンとミニバンのクロスオーバー」という、それはそれはユニークな……
コ:「鋭い!」っていまどき使うか? で、それが「マークX」の派生モデルだと……
せ:全っ然関係ないんです。XはFRで、ジオはFF。プラットフォームから異なります。エンジンも、シートも、なにもかも。
コ:まぁメーカーは、同じやな。売ってるお店(トヨペット店)も。

せ:上質感や走りのよさなど“質的な部分”が「マークX」に共通するとのことです。
コ:兄弟といわれてもビミョーなわけや。FFハッチバックの「オーリス」や「ブレイド」がベースなんやし、「ブレイド・ジオ」のほうがよっぽどシックリくるやん。

トヨタ・マークX ジオ240G(FF/CVT)【短評(前編)】の画像
【スペック】トヨタ・マークX300Gプレミアム(6AT):全長×全幅×全高=4730×1775×1435mm/ホイールベース=2850mm/車重=1530kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ(256ps/6200rpm、32.0kgm/3600rpm)/価格=362万2500円(テスト車=446万5650円/レーダークルーズコントロール=10万800円/HDDナビゲーションシステム+スーパーライブサラウンドシステム+ETCユニット=54万8100円/本革シート(シートヒーターつき)=19万4250円)
【スペック】トヨタ・マークX300Gプレミアム(6AT):全長×全幅×全高=4730×1775×1435mm/ホイールベース=2850mm/車重=1530kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ(256ps/6200rpm、32.0kgm/3600rpm)/価格=362万2500円(テスト車=446万5650円/レーダークルーズコントロール=10万800円/HDDナビゲーションシステム+スーパーライブサラウンドシステム+ETCユニット=54万8100円/本革シート(シートヒーターつき)=19万4250円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マークXジオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――ホンダ・オデッセイ アブソルートEX Honda SENSING(前編) 2017.2.23 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは「ホンダ・オデッセイ アブソルート」。ミニバンウオッチャーをもって任じる谷口。“ホンダイズム”を結集させた最新のオデッセイに何を見いだすのか!
ホームへ戻る