【コレはゼッタイ!】「ルノー・トゥインゴ」:1年後が待ち遠しい

【車両概要】
ルノーのラインナップ中最小のコンパクトカー「トゥインゴ」。本国で2007年6月15日、14年ぶりのフルモデルチェンジを受け2代目に進化した。
新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売

■やっぱり「トゥインゴ」

去年のパリモーターショーで、コンセプト扱いで発表したこのクルマを初めて見たときはヒザから崩れ落ちそうだった。
1年後、市販車になって幕張に展示されたニュー「トゥインゴ」を前に、初代のオーナーだった僕は素通りできなかった。やっぱりトゥインゴだったからだ。

顔や鼻のカタチは全然違うけど、その表情は愛らしい。ドアオープナーはそのままだし、リアゲートにも初代の面影が残っている。インパネがにぎやかになったのは時代によってポップの解釈が違うためだろうし、マルチパーパス性が生き残っていたからヨシとする。

日本デビューは来年後半、てことは1年後! それでなくても家から歩いて5分のディーラーは閉店するし、ルノーだいじょうぶ? という思いはあるけれど、価格はガンバってくれるそうだし、NAとターボの両方入れるそうだし。そうやって自分を納得させている僕は、世間的にはコアなマニアなのでしょうか。

(文=森口将之)

(写真=峰昌宏)
(写真=峰昌宏)

「ルノー・トゥインゴ」:1年後が待ち遠しい【コレはゼッタイ!】の画像

「ルノー・トゥインゴ」:1年後が待ち遠しい【コレはゼッタイ!】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 前編:新型「メガーヌGT」で駆ける 2018.1.31 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> ルノーのスポーツモデルには、同社のモータースポーツ活動を担うルノー・スポールの知見と技術が生かされている。その醍醐味(だいごみ)を、まずは新型「メガーヌGT」の走りを通して堪能した。
  • 「フェラーリ・ポルトフィーノ」が日本デビュー 2018.2.19 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2018年2月19日、東京都千代田区のパレスホテル東京において、新型オープンスポーツカー「ポルトフィーノ」を日本初公開した。税込み価格は2530万円となる。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る