(写真=峰昌宏)
「ルノー・トゥインゴ」:1年後が待ち遠しい【コレはゼッタイ】

【コレはゼッタイ!】「ルノー・トゥインゴ」:1年後が待ち遠しい

【車両概要】
ルノーのラインナップ中最小のコンパクトカー「トゥインゴ」。本国で2007年6月15日、14年ぶりのフルモデルチェンジを受け2代目に進化した。
新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売

■やっぱり「トゥインゴ」

去年のパリモーターショーで、コンセプト扱いで発表したこのクルマを初めて見たときはヒザから崩れ落ちそうだった。
1年後、市販車になって幕張に展示されたニュー「トゥインゴ」を前に、初代のオーナーだった僕は素通りできなかった。やっぱりトゥインゴだったからだ。

顔や鼻のカタチは全然違うけど、その表情は愛らしい。ドアオープナーはそのままだし、リアゲートにも初代の面影が残っている。インパネがにぎやかになったのは時代によってポップの解釈が違うためだろうし、マルチパーパス性が生き残っていたからヨシとする。

日本デビューは来年後半、てことは1年後! それでなくても家から歩いて5分のディーラーは閉店するし、ルノーだいじょうぶ? という思いはあるけれど、価格はガンバってくれるそうだし、NAとターボの両方入れるそうだし。そうやって自分を納得させている僕は、世間的にはコアなマニアなのでしょうか。

(文=森口将之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • アペリティフ365 in東京の会場から 2017.5.19 画像・写真 東京・渋谷区の代官山ヒルサイドテラスで、「アペリティフ365 in東京」が開催された。フランス人が好むとされる、食事の前に飲み物とアミューズ(おつまみ)を楽しむ“アペリティフ”という習慣を、日本でも楽しもうというイベントである。会場の様子を写真でリポートする。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス キャンバストップ(RR/6AT)【試乗記】 2016.9.14 試乗記 パリジャン&パリジェンヌはシンプルで合理的なクルマがお好き? ルノーのAセグメントコンパクト「トゥインゴ」が3代目にフルモデルチェンジ。RRの駆動方式がかなえる走りと、このクルマならではの魅力をリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
ホームへ戻る