(写真=峰昌宏)
「ルノー・トゥインゴ」:1年後が待ち遠しい【コレはゼッタイ】

【コレはゼッタイ!】「ルノー・トゥインゴ」:1年後が待ち遠しい

【車両概要】
ルノーのラインナップ中最小のコンパクトカー「トゥインゴ」。本国で2007年6月15日、14年ぶりのフルモデルチェンジを受け2代目に進化した。
新型「ルノー・トゥインゴ」、フランス本国で発売

■やっぱり「トゥインゴ」

去年のパリモーターショーで、コンセプト扱いで発表したこのクルマを初めて見たときはヒザから崩れ落ちそうだった。
1年後、市販車になって幕張に展示されたニュー「トゥインゴ」を前に、初代のオーナーだった僕は素通りできなかった。やっぱりトゥインゴだったからだ。

顔や鼻のカタチは全然違うけど、その表情は愛らしい。ドアオープナーはそのままだし、リアゲートにも初代の面影が残っている。インパネがにぎやかになったのは時代によってポップの解釈が違うためだろうし、マルチパーパス性が生き残っていたからヨシとする。

日本デビューは来年後半、てことは1年後! それでなくても家から歩いて5分のディーラーは閉店するし、ルノーだいじょうぶ? という思いはあるけれど、価格はガンバってくれるそうだし、NAとターボの両方入れるそうだし。そうやって自分を納得させている僕は、世間的にはコアなマニアなのでしょうか。

(文=森口将之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トゥインゴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る