第232回:パリ16区で「東京モノレール」と出会う

2012.02.17 エッセイ

第232回:パリ16区で「東京モノレール」と出会う

フジミ模型製モノレールの外箱。輸出を視野に入れた英文併記である。
第232回:パリ16区で「東京モノレール」と出会う

パリに引き止められた?

今月は月のほぼ半分をパリで過ごした。いや、過ごすことになった、というのが正解である。そもそも旅のスタートから波乱に満ちていた。イタリアを出発しようとした日にいきなりの雪に見舞われたのだ。
まずは家からバスターミナルまでたどり着くのにえらく難儀し、バスを1本乗り逃してしまった。そのおかげで、予約していた飛行機に乗れないというドミノ倒しが起こった。
幸いなことに航空会社から、ボクの乗るはずだった便が雪で欠航し、自動的に別便に振り替えたという旨のお知らせメールが入ってひと安心。だがその日のパリ到着は、かなり遅くなってしまった。

ハプニングは帰り便にも及んだ。今度はパリの空港でストが計画されたのだ。影響が及ばない便もあるとはいうものの、空港まで行って「やっぱり飛びませんでした」では困る。まして今回は、日頃よく使う、街に近いオルリー空港ではなく、ちょっと離れたシャルル・ドゴール空港である。往復運賃も時間もばかにならない。仕方がないので、それまで滞在していた15区の貸しアパルトマンに数日延泊することにした。

「パリがあなたを待っています」というのは、クイズ番組『アタック25』の名フレーズであるが、今回ばかりは「パリがあなたを引き止めています」となった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。