【スペック】全長×全幅×全高=3885×1695×1475mm/ホイールベース=2490mm/車重=990kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(91ps/6000rpm、12.6kgm/3500rpm)/価格=120万円(テスト車=132万3900円)

マツダ・デミオ 13C(FF/5MT)【ブリーフテスト】

マツダ・デミオ 13C(FF/5MT) 2007.11.06 試乗記 ……132万3900円
総合評価……★★★★

フルモデルチェンジで3代目に生まれ変わった「マツダ・デミオ」。メインターゲットを独身女性としながら、新型にも引き継がれたMTモデルに試乗した。

マツダ・デミオ 13C(FF/5MT)【ブリーフテスト】

特にオススメ

最近では、車重1トンを切る軽量車はマレ。その成果を感じさせることなく、外観デザインもまたプレスを巧く使って、軽妙な中にも重量感を演出している。うねりのある凹面処理は光や映り込みによって躍動感を感じるものの、背景の場所によってはやや煩雑で、せっかくのフォルムを掴みにくい。個人的にはピカピカ光る塗色よりもマットなものを好む。

とはいえ端的にカッコイイ造形であり、最近のマツダ・デザインの中でも白眉。これまでの実用車然としたデミオも、走らせればハード面での性能は優秀だったから、これで内外ともに一新して、輸入車に引けを取らない魅力と実力を備えた。シリーズの中でもこの最廉価版の5MT車は特にオススメ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

デミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダが「デミオ」を一部改良、特別仕様車も設定 2016.10.14 自動車ニュース マツダがコンパクトカーの「デミオ」を一部改良。内外装の仕様を変更するとともに、運転支援システムの設定を大幅に強化した。また、エンジンのトルク制御で車両の操縦安定性能や快適性を高める「Gベクタリングコントロール」を新たに採用した。
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る