【コレはゼッタイ!】「アルファ8Cコンペティツィオーネ」:もう買えないけど、見る価値あり

【車両概要】
4.7リッターV8エンジン(450ps/47.9kgm)を搭載するアルファ・ロメオの最高級グランツーリスモ。世界で500台が生産され、うち70台が日本に上陸。すでに完売となっている。
【出展車紹介】「アルファ8Cコンペティツィオーネ」日本初お披露目、2200万円超

■何度見てもホレボレする

エコ・ファッショを錦の御旗にしたように、形も夢も小さいようなコンセプトカーや、おどろおどろしいデザイナーの自己満足などで辟易した人は(実は私もそうだ)、このクルマで気分転換することをお勧めする。
何と言ってもこれこそ私たちが愛する自動車そのものなのだから。

もちろんこれは全然新鮮ではない。2003年にコンセプトとして発表され、東京ショーも前々回から並べられているし、個人的にも世界中のあちこちのショーで何度も見ている。確か今年の春発売になったが、すべて完売したという。

だから何を今さらといわれることはわかっているが、プレスデイで非常に多くの人間を集めていたのは単に魅力的な二人のモデルの効果だけではない。実際にこのクルマ、何度見てもホレボレする。自動車において本当に人の心を打つ造形はどうあるべきか、このクルマは私たちに教えてくれる。
ショーモデルで疲れた目を休めるためにはお勧め。

(文=大川悠)

(写真=峰昌宏)
(写真=峰昌宏) 拡大

「アルファ8Cコンペティツィオーネ」:もう買えないけど、見る価値あり【コレはゼッタイ!】の画像 拡大

「アルファ8Cコンペティツィオーネ」:もう買えないけど、見る価値あり【コレはゼッタイ!】の画像 拡大

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アルファ8Cコンペティツィオーネの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ALFA ROMEO DAY 2017」の会場から 2017.5.17 画像・写真 2017年5月14日、長野県富士見町の富士見パノラマリゾートで“アルフィスタの祭典”「ALFA ROMEO DAY 2017」が開催された。会場に集まった、新旧およそ250台のアルファ・ロメオを、写真で紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダCX-5 XDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.13 試乗記 フルモデルチェンジからわずか1年でパワープラントを大幅改良! 新エンジンを搭載した「マツダCX-5」のディーゼルモデルに試乗。従来モデルよりさらにパワー&トルクを増した新型の魅力と、やや気になったポイントをリポートする。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にシルバーでドレスアップした限定車 2018.6.9 自動車ニュース FCAジャパンは2018年6月9日、「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」をベースとした特別仕様車「クアドリフォリオ アルジェント」を設定し、30台の台数限定で発売した。価格は1139万円。
ホームへ戻る