(写真=峰昌宏)
「アウディA4」:デザインが洗練された【コレはゼッタイ】

【コレはゼッタイ!】「アウディA4」:デザインが洗練された新型

【車両概要】
本国では2007年11月末より販売される8代目新型「A4」。シングルフレームはそのままに、フロントのオーバーハングが短く、ボンネットとホイールベースは長くなったのが特徴。
「アウディA4」がフルモデルチェンジ


「アウディA4」:デザインが洗練された【コレはゼッタイ】

■僕を引き留めたクルマ

現実的に私が惹かれたクルマ。個人的に購入対象として一番気になった。
先代メルセデスベンツ「Cクラスワゴン」に乗っている私自身は、新しいCクラスにはあまり共感できない。妙に若者受け路線に走ってしまったからだ。

でもこの新しい「A4」は相当に気に入った。ショー会場で、遠くからそのシルエットが見えたときからきれいなプロファイルが目についた。きちんと綿密に見ていてわかったのは、従来のアウディの造形における欠点だった長いフロントオーバーハングがかなり詰められていること。これはパワートレイン配置を変えたからで、オーバーハングしていたエンジンは多少後ろに下がった結果、プロファイルは格段に洗練された。
さらに「A8」「A6」などの上級車と比べてもデザイン品質は相当に高くなっている。

もちろん自分のクルマで大切なのはデザインだけではないことは承知の上だが、さしあたってショーの会場で、現実的な興味の対象として、最も長い時間引き留められたクルマがA4だったのだ。

(文=大川悠)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • アウディA4 2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.3.5 試乗記 満を持して日本に導入された新型「アウディA4」。252psの高出力エンジンと、アウディ自慢のフルタイム4WDシステム「クワトロ」を搭載した上級グレード「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗し、従来モデルからの進化のほどと、走りの実力を確かめた。
  • 【ジュネーブショー2017】アウディ、新型「RS 5クーペ」を世界初公開 2017.3.8 自動車ニュース 独アウディがジュネーブショーで高性能スポーツクーペの新型「RS 5クーペ」を発表した。エンジンには新開発の2.9リッターV6ツインターボを搭載しており、0-100km/h加速が 3.9秒、最高速が280km/hという動力性能を実現している。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
ホームへ戻る