(写真=峰昌宏)
「トヨタHi-CT(ハイシーティ)」:止まって遊ぶをイメージさせる【コレはゼッタイ】

【コレはゼッタイ!】「トヨタHi-CT(ハイシーティ)」:止まって遊ぶをイメージさせる

【車両概要】
トヨタが若者向けに提案する新しいスタイルのクルマ。ゴリラ!?を意識したというエクステリアがユニーク。パワートレインは外部充電可能な“プラグインハイブリッド”を搭載する。
【出展車紹介】「トヨタHi-CT」一見ありえない組み合わせで、新しいかっこよさを

■日本的なコンセプトカー

空気抵抗などまるで無視したかのような前面投影面積の大きさに、安定性など二の次と言いたげな“トールBOX”のプロポーション。
「走りを楽しむ」よりは「停まって遊ぶ」をイメージさせるという点ではいかにも日本的なコンセプトカー(?)と言えそうなのがこのモデル。動力源は今話題のプラグイン・ハイブリッドを想定する。

しかし、こうして“走り”よりも停車時の空間重視という発想でコンセプトモデルが生まれるということ自体、「若者がクルマに興味を失いつつある」という例のフレーズの裏付けではないのか? 

展示車脇にいた説明員氏に半ば皮肉まじりで「プレイステーションに接続して、このクルマのステアリングやペダルを使った『グランツーリスモ』ができるようにしたら?」と言ってみたら「それはすごく面白いアイディアですね!」とえらく感嘆されてしまったことに、なんかむしろちょっと落胆……。

(文=河村康彦)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。