(写真=峰昌宏)
「ヤマハ・テッセラクト」:乗ってみたい!【コレはゼッタイ!】

【コレはゼッタイ!】「ヤマハ・テッセラクト」:乗ってみたい!

【車両概要】
「テッセラクト」は、自動二輪車メーカー「ヤマハ」のコンセプトモデル。“四輪のオートバイ”たるスタイルが特徴で、車体を傾けながらコーナリングする。Vツインエンジンとモーターのハイブリッド。省スペース、安定性、エコすべての進化を目指したという。


「ヤマハ・テッセラクト」:乗ってみたい!【コレはゼッタイ!】

■究極形

モーターサイクルの、ひとつの究極形か。
信号待ちなど停止時も自立する。内側にリーンさせて旋回する2輪車感覚は同じか。4輪のキャンバースラストが期待できるからコーナーでの安定性は高そう。ロールセンターを重心高より高くすると乗用車の動きもこれに近づく。
だが、普通の車でこんなに身体を揺さぶられるのはNG。四輪駆動は接地性にも貢献。シャフトドライブはチェーン駆動よりメンテに有利で伝達はダイレクト。台上での動きはロボット的でしなやかさに欠けるようにも見える。コーナーでの切り返しなどで2輪車なみの滑らかな移行が得られるかどうかは疑問。
乗ってみないと何とも言えないが、考え方としては非常に面白そう。

(文=笹目二朗)


「ヤマハ・テッセラクト」:乗ってみたい!【コレはゼッタイ!】

■四次元立方体

二輪車/商用車/部品館の一番奥も奥で発見したのがこの二輪車のような四輪車。
普段二輪車に乗る事はない自分でも、こんな妙な乗り物にはちょっと乗ってみたいかも。一見“四輪バギー”の変種のように思われるかもしれないが、コーナリング時に人間の乗るシート部分が2輪車同様“内側傾斜”する点が最大の違い。
走行シーンを映したCG映像を見ると、中央車体部分の挙動はなるほど完全に二輪車のそれ。

展示車脇の説明員氏に突撃取材をかけてみると、「二輪車ならではの走りの爽快さに、四輪車の強みである安定感をプラスしたかった」というのが開発の発端だとか。
まだワンオフのショーカーではあるが、実際に走行が可能で「走りのフィーリングはまるで2輪車そのもの」だそうナ。法的な面などでまだまだハードルは高いが、市販化は「夢ではない」とのこと。

実際に売られた折にはゼヒ乗ってみたい! とエールを送っておきました。
ちなみに、「テッセラクト」なるその車名は「四次元立方体」というちゃんと意味ある英語なんだって。

(文=河村康彦)


「ヤマハ・テッセラクト」:乗ってみたい!【コレはゼッタイ!】

■目をとめずにはいられない

2輪車ブースにあった、ヤマハの「テッセラクト」は見ているだけでワクワクしてくるクルマ(?)だ。ありそうでなかった4輪と2輪のハイブリッドマシンは、まずビジュアルでの先進性に一票を入れたくなる。
自動車と同じようなサスペンションアームを前後に備え、曲がればバイクのようにリーン(傾く)し、停まればクルマのごとく自立するのだという。エンジンは水冷Vツインとモーターによるハイブリッドシステム。これまた先進的で、かつエコである。
乗れば、風を切るバイク本来の疾走感と、バイクとはまたひと味違うであろう安定したコーナリング(ときにはドリフト?)が楽しめそう。
他のバイクでも「近未来」や「ネオレトロ」なコンセプトが見られたのだが、抜群に「新しい乗り物」感を発していた「テッセラクト」には、目をとめずにはいられないはずだ。

(文=山田弘樹)


「ヤマハ・テッセラクト」:乗ってみたい!【コレはゼッタイ!】

■生き物っぽい四輪車

ノリックが逝った。ヤマハファンで誕生日が同じ(齢は違うけれど)自分にとってはショックなデキゴトだったけれど、それが理由であえて二輪車ブースから選んだわけではない。これは四輪車だからだ。
モーターサイクルの車体から4本の足が生えたようなスタイルは、ハッとするほど生き物っぽい。しかも足は独立してストロークするだけでなく、コーナーでは内輪が上、外輪が下にずれて、二輪車みたいに車体をリーンさせるのだ。
前だけなら同様の機構を使ったモデルはあるけれど、こちらは前後ともに、である。しかも停止時はこの足はロックされるから倒れない。これをクルマと呼んでいいかわからないが、おそらくどのクルマでも得られない新鮮な操縦感覚が味わえるはず。
今回の四輪車で、純粋に「乗ってみたい」と思えた文句なしのナンバー1。ちなみに原動機は水冷Vツイン+モーターのハイブリッドで、環境対策も怠りないという。

(文=森口将之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。