クライスラー、新型「ジープ・コンパス」を発売

2012.02.16 自動車ニュース
クライスラー、新型「ジープ・コンパス」を発売

クライスラー、新型コンパクトSUV「ジープ・コンパス」を発売

クライスラー日本は、ジープブランドの新しいコンパクトSUV「ジープ・コンパス」を2012年3月3日に発売する。

新型「ジープ・コンパス」は、「ジープ・パトリオット」とプラットフォームを共有する兄弟モデル。ジープブランドのエントリーモデルとなり、これまでのジープのイメージにとらわれることなく、快適性と機動性を併せ持つ新しいシティークルーザーとうたわれる。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4460×1810×1665mm、ホイールベースは2635mmと、「パトリオット」とほぼ同じ。
エクステリアは、ジープのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」をコンパクトにしたような印象だが、7本縦型のスロットグリルはクロムで縁取られ、クォッドリフレクターヘッドライトやプロジェクターフォグランプなどにより、より洗練されたフロントマスクとなっている。

ツートンカラーのインテリアは、シートヒーター付きのレザーシートやマルチファンクション機能を搭載した本革巻きステアリングホイールを採用。60:40分割可倒式リアシートにはリクライニング機能が備わり、助手席のシートバックを前に倒すことでテーブルとしても使え、スキー板などの長尺物の積載も可能となる。

パワーユニットは、デュアル可変バルブタイミング機構付きの2リッター直列4気筒エンジンで、最高出力156ps/6300rpm、最大トルク19.4kgm/5100rpmを発生する。トランスミッションはCVTのみとなるが、マニュアルシフトが行えるオートスティックが備わる。駆動方式は前輪駆動のみとなる。燃費はJC08モードで10.5km/リッターとなっている。

ABS、ERM(エレクトロニックロールミティゲーション)付きESPや、前後サイドカーテンエアバッグなどの安全機能は標準で備わる。

グレードは「リミテッド」のみで、価格は298万円。パワーガラスサンルーフ付きは308万円となる。右ハンドル仕様となる。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
コンパスジープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン 2.0 TSI 4MOTION(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.10.27 試乗記 フォルクスワーゲンの新たなフラッグシップモデル「アルテオン」。流麗な5ドアクーペのスタイリングをまとったニューカマーの実力を、アウトバーンを中心にドイツの一般道で試した。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記