クライスラー、新型「ジープ・コンパス」を発売

2012.02.16 自動車ニュース

クライスラー、新型コンパクトSUV「ジープ・コンパス」を発売

クライスラー日本は、ジープブランドの新しいコンパクトSUV「ジープ・コンパス」を2012年3月3日に発売する。

新型「ジープ・コンパス」は、「ジープ・パトリオット」とプラットフォームを共有する兄弟モデル。ジープブランドのエントリーモデルとなり、これまでのジープのイメージにとらわれることなく、快適性と機動性を併せ持つ新しいシティークルーザーとうたわれる。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4460×1810×1665mm、ホイールベースは2635mmと、「パトリオット」とほぼ同じ。
エクステリアは、ジープのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」をコンパクトにしたような印象だが、7本縦型のスロットグリルはクロムで縁取られ、クォッドリフレクターヘッドライトやプロジェクターフォグランプなどにより、より洗練されたフロントマスクとなっている。

ツートンカラーのインテリアは、シートヒーター付きのレザーシートやマルチファンクション機能を搭載した本革巻きステアリングホイールを採用。60:40分割可倒式リアシートにはリクライニング機能が備わり、助手席のシートバックを前に倒すことでテーブルとしても使え、スキー板などの長尺物の積載も可能となる。

パワーユニットは、デュアル可変バルブタイミング機構付きの2リッター直列4気筒エンジンで、最高出力156ps/6300rpm、最大トルク19.4kgm/5100rpmを発生する。トランスミッションはCVTのみとなるが、マニュアルシフトが行えるオートスティックが備わる。駆動方式は前輪駆動のみとなる。燃費はJC08モードで10.5km/リッターとなっている。

ABS、ERM(エレクトロニックロールミティゲーション)付きESPや、前後サイドカーテンエアバッグなどの安全機能は標準で備わる。

グレードは「リミテッド」のみで、価格は298万円。パワーガラスサンルーフ付きは308万円となる。右ハンドル仕様となる。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
コンパスジープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ジュネーブモーターショー2018(その26) 2018.3.11 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。FCA傘下のジープブランドは新型「ラングラー」と「チェロキー」のマイナーチェンジモデルを欧州初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る