クライスラー、新型「ジープ・コンパス」を発売

2012.02.16 自動車ニュース
クライスラー、新型「ジープ・コンパス」を発売

クライスラー、新型コンパクトSUV「ジープ・コンパス」を発売

クライスラー日本は、ジープブランドの新しいコンパクトSUV「ジープ・コンパス」を2012年3月3日に発売する。

新型「ジープ・コンパス」は、「ジープ・パトリオット」とプラットフォームを共有する兄弟モデル。ジープブランドのエントリーモデルとなり、これまでのジープのイメージにとらわれることなく、快適性と機動性を併せ持つ新しいシティークルーザーとうたわれる。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4460×1810×1665mm、ホイールベースは2635mmと、「パトリオット」とほぼ同じ。
エクステリアは、ジープのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」をコンパクトにしたような印象だが、7本縦型のスロットグリルはクロムで縁取られ、クォッドリフレクターヘッドライトやプロジェクターフォグランプなどにより、より洗練されたフロントマスクとなっている。

ツートンカラーのインテリアは、シートヒーター付きのレザーシートやマルチファンクション機能を搭載した本革巻きステアリングホイールを採用。60:40分割可倒式リアシートにはリクライニング機能が備わり、助手席のシートバックを前に倒すことでテーブルとしても使え、スキー板などの長尺物の積載も可能となる。

パワーユニットは、デュアル可変バルブタイミング機構付きの2リッター直列4気筒エンジンで、最高出力156ps/6300rpm、最大トルク19.4kgm/5100rpmを発生する。トランスミッションはCVTのみとなるが、マニュアルシフトが行えるオートスティックが備わる。駆動方式は前輪駆動のみとなる。燃費はJC08モードで10.5km/リッターとなっている。

ABS、ERM(エレクトロニックロールミティゲーション)付きESPや、前後サイドカーテンエアバッグなどの安全機能は標準で備わる。

グレードは「リミテッド」のみで、価格は298万円。パワーガラスサンルーフ付きは308万円となる。右ハンドル仕様となる。

(webCG ワタナベ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
ホームへ戻る