クライスラー、新型「ジープ・コンパス」を発売

2012.02.16 自動車ニュース
クライスラー、新型「ジープ・コンパス」を発売

クライスラー、新型コンパクトSUV「ジープ・コンパス」を発売

クライスラー日本は、ジープブランドの新しいコンパクトSUV「ジープ・コンパス」を2012年3月3日に発売する。

新型「ジープ・コンパス」は、「ジープ・パトリオット」とプラットフォームを共有する兄弟モデル。ジープブランドのエントリーモデルとなり、これまでのジープのイメージにとらわれることなく、快適性と機動性を併せ持つ新しいシティークルーザーとうたわれる。

ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4460×1810×1665mm、ホイールベースは2635mmと、「パトリオット」とほぼ同じ。
エクステリアは、ジープのフラッグシップモデル「グランドチェロキー」をコンパクトにしたような印象だが、7本縦型のスロットグリルはクロムで縁取られ、クォッドリフレクターヘッドライトやプロジェクターフォグランプなどにより、より洗練されたフロントマスクとなっている。

ツートンカラーのインテリアは、シートヒーター付きのレザーシートやマルチファンクション機能を搭載した本革巻きステアリングホイールを採用。60:40分割可倒式リアシートにはリクライニング機能が備わり、助手席のシートバックを前に倒すことでテーブルとしても使え、スキー板などの長尺物の積載も可能となる。

パワーユニットは、デュアル可変バルブタイミング機構付きの2リッター直列4気筒エンジンで、最高出力156ps/6300rpm、最大トルク19.4kgm/5100rpmを発生する。トランスミッションはCVTのみとなるが、マニュアルシフトが行えるオートスティックが備わる。駆動方式は前輪駆動のみとなる。燃費はJC08モードで10.5km/リッターとなっている。

ABS、ERM(エレクトロニックロールミティゲーション)付きESPや、前後サイドカーテンエアバッグなどの安全機能は標準で備わる。

グレードは「リミテッド」のみで、価格は298万円。パワーガラスサンルーフ付きは308万円となる。右ハンドル仕様となる。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンパスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る