(写真=峰昌宏)
「ダイハツ・タント」:真剣に使い勝手を考えている【コレはゼッタイ!】

【コレはゼッタイ!】「ダイハツ・タント」:真剣に使い勝手を考えている

【車両概要】
ダイハツの売れ筋軽トールワゴン「タント」の次期モデル。全高をより高くして、ホイールベースも延長し、室内空間はさらに拡大された。助手席側にリアスライドドアを採用したことも特徴。

【出展車紹介】「ダイハツ・タント/タントカスタム」キープコンセプトながら確実に進化


「ダイハツ・タント」:真剣に使い勝手を考えている【コレはゼッタイ!】

■生活密着の軽自動車はこうじゃないと

「MUD MASTER-C」「HSC」といったコンセプトカーも、夢物語に終わらなそうな実質的な内容で、とても魅力的だったダイハツ。けれど一番の衝撃は、このまま市販になる「タント」だ。
見た目はそれほど変わり映えしないけれど、軽の限界かと思われた室内空間はさらに拡大されて、室内長は「レクサスLS」以上と謳われているし、大開口を実現したセンターピラーレスのスライドドアの採用も目をひく。
軽のサイズだと単にスライドドアにしただけでは開口部が狭く、かえって乗り降りしにくくなりがち。見た目の商品性だけじゃなく、真剣に使い勝手を考えているということが、このドアだけでもよくわかる。
生活密着の軽自動車はこうじゃないと。きっと、今以上の支持を集めるに違いない。

(文=島下泰久)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る