(写真=峰昌宏)
「スズキKizashi2」:背の低いクロスオーバーは魅力【コレはゼッタイ!】

【コレはゼッタイ!】「スズキKizashi2」:背の低いクロスオーバーは魅力

【車両概要】
スズキのDセグメント進出の足がかりとなるコンセプトカー。3.6リッターV6エンジンに6段ATを組み合わせ、4輪を駆動するクロスオーバースポーツワゴンである。

【出展車紹介】「スズキ・コンセプト Kizashi 2」クロスオーバースポーツワゴン


「スズキKizashi2」:背の低いクロスオーバーは魅力【コレはゼッタイ!】

■新車購入意欲をそそる

どうして小型車メーカーであるスズキが、こんなデカいクルマを提案するのだろう? と一瞬戸惑いつつも、そのデザインインパクトであっけなく「カッコいい」と呟いてしまった一台。
とはいえ昨今の都会に氾濫する背の高いSUVに疑問を持っている自分にとって、全長×全幅×全高=4484×1950×1500mmというサイズのうち、とくに全高の低さは引きつけられた充分な理由となっている。
コンパートメントやラゲッジのユーティリティを望むならばワゴンがいいが、新車購入意欲をそそるにはジャンルとして少々古い。セダンもねぇ……というとき、こうした背の低い(相対的だけど)クロスオーバーワゴンが次世代の潮流になる気がする。
唯一V6という部分にエコを感じないから、次世代原動機の提案も模索してほしい。

(文=山田弘樹)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。