「フェラーリ・カリフォルニア」が30ps強化【ジュネーブショー2012】

2012.02.16 自動車ニュース

【ジュネーブショー2012】「フェラーリ・カリフォルニア」が30ps強化

伊フェラーリは、ジュネーブモーターショー(プレスデイ:3月6日〜7日、一般公開:3月8日〜18日)で、出力を30ps高めて車重を30kg軽くした「カリフォルニア」の改良モデルを出展する。

新しい「カリフォルニア」のV8直噴エンジンは、新型のエグゾーストマニホールドとエンジンマッピングにより、最高出力490ps、最大トルク51.5kgmを発生。シャシーの製造に最先端のアルミニウム構造技法と組み立て技術が採用されたおかげで、30kgの軽量化が実現したという。これにより動力性能も向上し、0-100km/h加速は従来の4秒に対して、3.8秒に短縮された。

同時に、よりダイナミックなドライビングに応えるため「ハンドリング・スペチアーレ」というオプションパッケージも用意される。電子制御の磁性流体ダンパーが採用され、反応時間が50%短縮。またステアリングのギア比を従来より約10%速めた新しいステアリングギアボックスを搭載することで、より機敏なハンドリング性能を実現したという。

この新しい「カリフォルニア」と「ハンドリング・スペチアーレ」パッケージのデリバリーは、ヨーロッパから開始される予定。日本仕様では20インチホイールが標準で装備されるという。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
カリフォルニアフェラーリジュネーブモーターショー2012イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ488スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2018.6.26 試乗記 パワフルなV8ターボエンジンを搭載する、フェラーリのオープントップモデル「488スパイダー」。その走りの楽しみは、オープンエアモータリングのみにあらず。さまざまな場面で、クローズドボディーの「488GTB」とは違った魅力に触れることができた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • メルセデス・ベンツCクラス セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ【海外試乗記】 2018.6.29 試乗記 4代目になってから5年目、「メルセデス・ベンツCクラス」が大幅改良。外観の変化は少ないが、パワーユニットはガソリン・ディーゼルともに一新。セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4ボディーすべてのモデルにルクセンブルグで試乗した。
  • BMW C400X(MR/CVT)【レビュー】 2018.7.7 試乗記 BMWがスーパースポーツやアドベンチャーモデルの知見を投入して開発した「C400X」。アーバンモビリティー市場への参入をもくろむドイツの雄の切り札は、350ccクラスの“スクーター”でありながら、走る楽しさに満ちた一台に仕上がっていた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.30 試乗記 ワゴンボディーをまとう「ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ」のトップパフォーマンスモデルに試乗。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、最高速304km/hを誇る、その走りとは? 標準ボディーとの比較も合わせてリポートする。
ホームへ戻る