【スペック】全長×全幅×全高=4855×1850×1485mm/ホイールベース=2765mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/2.7リッターV6DOHC24バルブ(186ps/5500rpm、26.1kgm/4000rpm)/価格=413万7000円(テスト車=同じ)

ダッジ・アベンジャーSXT(FF/4AT)【試乗記】

不可はない 2007.11.05 試乗記 ダッジ・アベンジャーSXT(FF/4AT)
……413万7000円

クライスラーから第3のブランドとして日本に上陸した「ダッジ」。アメ車らしいアグレッシブなエクステリアが特徴のミドサイズサルーン「ダッジ・アベンジャー」に試乗した。

カタチが命

2007年、ついに日本上陸を果たし、1年目にしてSUV、クロスオーバー、セダンの4モデルをラインナップするにいたったクライスラーの「ダッジ」。どのモデルを見ても、ひとめでダッジとわかる“クロスヘア”デザインのフロントグリルや存在感たっぷりのフォルムが特徴で、もの珍しさも手伝い、すれ違いざまについ振り返ってしまうのは私だけではないはずだ。

そんなダッジ・ファミリーのなかにあっては、むしろおとなしく見えるのが、ミドサイズサルーンの「アベンジャー」である。爽やかなフェイスがそう思わせるのかもしれないが、一方、サイドからリアにかけてのクーペを思わせるデザインは、兄貴分の「チャージャー」の特徴を受け継いでいて、セダンでありながら、“タダモノではないゾ”のオーラを発しているのが、このクルマ一番の価値といえるだろう。

アベンジャーのつくり自体はチャージャーとは大きく異なり、フロントがマクファーソン・ストラット、リアがマルチリンクのサスペンションや、エンジンを横置きするFFのレイアウトなどはむしろエントリーモデルの「キャリバー」に近い。販売されるモデルは2.7リッターのV6を積む「SXT」ひとつで、組み合わされるオートマチックが4段とやや古臭いが、413万7000円の価格はなかなか魅力的だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アベンジャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダッジ・チャージャー SRT8(FR/5AT)【ブリーフテスト】 2008.4.1 試乗記 ……653万5200円
    総合評価……★★★★

    「ダッジ・チャージャー」は、パワフルなV8エンジンを抱く4ドアセダン。現代のマッスルカーの実力を、400psオーバーのトップグレード「SRT8」で試した。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2017.3.31 画像・写真 アルファ・ロメオ初のSUV「ステルヴィオ」の画像を紹介する。2.9リッターV6ツインターボ(510ps)搭載車をラインナップの頂点とし、その下に2リッター直4ガソリンターボや2種類の2.2リッター直4ディーゼルターボが設定されている。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
ホームへ戻る