第15回:「イタリア版 松任谷さん」にも遭遇!色物瞬間芸こそ生きる道?

2007.11.03 エッセイ

第15回:「イタリア版 松任谷さん」にも遭遇!色物瞬間芸こそ生きる道?

伊人自動車マン、東京ショーに現る

今年の東京モーターショーは、「米ビッグ3トップがこぞって欠席」をはじめ、どうも世界に見放されたかのようなニュースが目立った。
たしかに個人的にも、朝イチで行われるはずだったイタリア自動車工業会の記者発表を見ようと6時起きして駆けつけたらキャンセル、という大オチで始まった。

しかしいっぽうで、一般公開の初日にも現れた日産のカルロス・ゴーン社長はじめ、一流自動車マンの数はけっして少なくはなかった。イタリアのクルマ関係者たちともたびたび会った。会場を歩きながら、何度「Buongiorno」を発したことか。

まずは、初代「ランチアY」のスタイリングを手がけたことで知られるエンリコ・フミア氏である。ボクの実測値では、フミア氏はイタリア人のなかで最もつぶさに今回のショーを見ていた。行くところ行くところでインジニエーレ(エンジニアに対する称号)にばったり出くわす。ボクが「いったいあなたは、何人いるんですか?」と言うと、ご本人は笑っていた。

 ただし、フミア氏による今回の評価は厳しかった。
「(今回のショーは)見るべきものが少ない。プレスデイ初日は大勢の報道陣が詰め掛けて、とりあえず活気があった。だが今日(プレスデイ2日め)になって落ち着きを取り戻すと、空虚な感じばかりが漂ってしまって……」。
ボクは「たしかに子供の頃は、東京ショーに、もっとパッシオーネやエモツィオーネ(情熱と情感9を感じたっす」と述べたうえで「敢えて今年興味深いメーカーを挙げれば? 」とお願いしてみた。するとフミア氏は「(近年のものも含め)4台を展示したマツダといったところでしょうか」と、ようやく答えた。

精力的に各スタンドを視察していたエンリコ・フミア氏。
第15回:「イタリア版 松任谷さん」にも遭遇! 色物瞬間芸こそ生きる道?
「マツダ大気」
第15回:「イタリア版 松任谷さん」にも遭遇! 色物瞬間芸こそ生きる道?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。