(写真=峰昌宏)
「ダイハツOFC-1」:軽とは思えない存在感【コレはゼッタイ!】

【コレはゼッタイ!】「ダイハツOFC-1」:軽とは思えない存在感

【車両概要】
「OFC-1」(オープン・フューチャー・コンセプト・ワン)は、ダイハツが掲げる、軽規格の次世代オープン・コンセプト。グラスルーフには、透過度を変えられる液晶サンシェイドを内蔵する。
【出展車紹介】「ダイハツOFC-1」次期型コペンはグラスルーフ採用か?

「ダイハツOFC-1」:軽とは思えない存在感【コレはゼッタイ!】

■コペンと違う魅力

すでに今年のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアとなったコンセプトカー「OFC-1」。同じ軽のオープンモデルである「コペン」とはまるで違う雰囲気に仕上がっているが、それもそのはず、OFC-1はコペンの後継モデルではなく、コペンとは別の層を狙ったオープンカーなのだそうだ。

コペンほど丸っこくないせいか、軽とは思えないボリューム感や存在感がある。顔つきやサイドのシルエットなどはコペンより万人受けするデザインになったが、個人的にはこちらのほうが好み。
3分割型のリトラクタブル・グラスルーフはその形が自然で、しかもコンパクトに収納できるためにトランクスペースも拡大したという。ショーカーの完成度も高く、気軽で実用的なオープンカーが欲しいひとには見逃せない存在だと思う。

(文=生方聡)

「ダイハツOFC-1」:軽とは思えない存在感【コレはゼッタイ!】

■凛々しいコペン

個人的に憎からず思っている国産車の一つが「ダイハツ・コペン」。ヨーロッパでも結構人気があって、老若男女さまざまな人に愛されている。ウィーンのバロック建築の前に停められているコペンを見たときには、荘厳と軽快というその対比の鮮やかさに感激して「これぞ世界に誇れる日本車」と思ったものだ。

「OFC-1」はすでにフランクフルトショーで発表された次世代コンパクトオープンの習作。ちょっとデザイン表現が強くなったので、これまでのコペンファンからは多少の反発もあるという。でも私個人はいわゆる「可愛いデザイン」が大嫌いなので、このくらいきちんと機械的な表現をしているほうが好ましく思える。あくまでも現実的なコンセプトカーとしてお勧めの1台。

(文=大川悠)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。