(写真=峰昌宏)
「トヨタRiN」:走るヘルシア緑茶【コレはゼッタイ!】

【コレはゼッタイ!】「トヨタRiN」:走るヘルシア緑茶

【車両概要】
「快適性の向上」と「心美しく健やかな生き方」を開発のテーマとしたコンセプトカー。「酸素濃度コンディショナー」や、心理状態に応じて適切なイメージ映像を映し出す「調心ステアリング」など、おもしろい機能が備わる。
【出展車紹介】「トヨタRiN」日本発“クルマの作法”を提案


「トヨタRiN」:走るヘルシア緑茶【コレはゼッタイ!】

■健康の考え方は正しいか

「乗れば乗るほど健康になるクルマ」というのがRiNのコンセプト。まさに凛とした姿勢で座れるシート、ドライバーの自立神経等々の状態をモニターする機構などが搭載され、心も体も健やかになれると謳われているのだけれど……クルマに乗ってなりたい健康って、本当にそういうものなんだろうか?
ステアリングを握っていると気分が思わず昂揚してくるリアルな走りの感覚とか、姿かたちを見ているだけで自分もあるいは周囲もワクワクしてしまうとか、そういう昔のクルマが持っていたクルマならではの楽しさを追求することの方が、よほど本当の健康に繋がるような気がするのだ、自分にとっても、社会にとっても。RiNのいう“健康”って、何だか健康グッズマニア的な“健康”に見えるのである。

(文=島下泰久)


「トヨタRiN」:走るヘルシア緑茶【コレはゼッタイ!】

■クルマ家電化の波は止まらない

最初に「ウソだろ?」と爆笑しつつも意外とアリかも? と思わせられたのは「トヨタRiN」だ。
その「背筋を伸ばして“凛”と座れる……」というメインコンセプトや「屋久杉をモチーフにした」エクステリアはともかく、各ディテール、ドライバーの心理状態を把握する「調心ステアリング」や「快適温熱シート」や「酸素濃度コンディショナー」「スポット加湿」などの機能は、将来どこかの主婦向けコンパクトカーが採用してもおかしくない。なんせなんたら抗菌仕様やUVカットガラスが大マジメに売れる国だ。クルマ家電化の波は止まらない。
加えて、前代未聞の『ビリーズ・ブート・キャンプ』の大ヒットなど、健康志向も高まる一方。こういうグリーンが基調の“走るヘルシア緑茶カー”が現れてもおかしくない……なーんて思いませんか?

(文=小沢コージ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。