【コレはゼッタイ!】「日産GT-R」:求めているのは誰なのか?

【車両概要】
2003年東京モーターショーでの約束を果たし、ついにデビューした「日産GT-R」。今作より「スカイライン」の名を捨て、「日産」ブランドを背負いつつ、世界デビューするハイパフォーマンスカーだ。480psを絞り出すV6ターボエンジンは2ペダルMTを介し4輪を駆動する。
「日産GT-R」、怒涛の480psでデビュー

■V6エンジンのスーパーカー!?

「777万円」という価格は、「ポルシェ・ケイマンS」が日本で最初に発売された時の価格とピタリ同じ。「480ps」の馬力は、現行「911ターボ」の最高出力と完全に一致する。すなわち、「ケイマンの値段で911ターボの性能」という超わかりやすい戦略(?)でデビューしたのが話題の日産「GT-R」。

開発のボスを直撃すると「開発スタート時に自ら課した事が3点あった」という。
「4kg/psを割るレシオ」「オーバー300km/hの最高速」「8分以内のニュル・ラップタイム」というのがそれ。

それらをクリアしたGT-Rの走りは当然とてつもなく凄いはず。しかし、だったらそれで“スーパーカー”か。第一そんなタイトルは自ら名乗るのではなく、見た人が判断して与えるものであるはず。そもそも、V6という“大衆向けデザイン”のエンジンを積んだスーパーカーなどというのは、ボクはありえないと思うんだけれど……。

(文=河村康彦)

■GT-Rが日産にもたらすもの

期待のGT-R、露になったヌードはなんだかものたりず、あの艤装をして走らせたいと思った……というのはどうでもいいとして、事前情報から薄々感じていた、一体何のためのクルマなのかという疑問は、まだ拭えないでいる。

「誰でも、どこでも、いつでも」楽しめるスーパーカーというが、それを求めているのは一体誰なのか。そこにあるプレジャーとは何なのか。3年間の無償期間を過ぎた後のメインテナンスコストは、この車両価格の、あるいはそれが中古車となった際の価格のクルマを買う人にとって納得できる範囲に収まるのか、そしてこの特殊な売り方のクルマが日産全体になにをもたらすことになるのか等々、いろいろな意味で興味は尽きない。

なんだかんだ言っても、やはり今回のショーの最注目モデルといえば、コレしかないだろう。

(文=島下泰久)

■マニュアルシフトは欲しい

好き嫌い、良し悪しは別にして、東京モーターショーの目玉は文句なくこのクルマだと思う。2001年の東京モーターショーでデザインスタディモデルが披露されてから6年、実現にこぎつけた日産もエライと思うが、日産の言葉を信じて待ち続けてきたファンはもっとエライ! そのファンの期待に本当に応えられるものなのかどうか、ぜひその目で見て確かめてほしい。

「誰もが、どんな状況でも、どんな場所でも安全に運転を楽しむ」ことを目指したGT-R。もちろんそれはアリだと思うが、それでも個人的にはマニュアルトランスミッションが用意されないことは残念。一般的なマニュアルよりもデュアルクラッチの2ペダルマニュアルのほうが格段にシフト時間は短いといわれても、マニュアルシフトの愉しさを知る者にとってはちょっと寂しい。

それは措いといても、GT-Rの内容を考えると、777万円からというプライスは決して高くない。きっと売れるんだろうなぁ。

(文=生方聡)

(写真=峰昌宏)
(写真=峰昌宏)

「日産GT-R」:求めているのは誰なのか?【コレはゼッタイ!】の画像

「日産GT-R」:求めているのは誰なのか?【コレはゼッタイ!】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

GT-Rの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.30 試乗記 新生「アルピーヌA110」に南仏マルセイユで試乗。新しいA110の軽さ極まるフットワークを体験すれば、このクルマがアルピーヌの正統的後継者であると同時に、一台の普遍的な魅力を備えたスポーツカーであることが、すぐに理解できるはずだ。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • 2017ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:NISMO/無限編)【試乗記】 2017.9.30 試乗記 日本メーカーのモータースポーツ活動を担う、NISMO/無限/TRD/STIが開発したチューニングカーに試乗。まず前編として、NISMOの手になる「GT-R」「ノート」「エクストレイル」と、無限のカスタマイズパーツを装着した「フィット」「ヴェゼル」の走りを報告する。
ホームへ戻る