第341回:コージのF1 2007勝手に総括!
いま朝まで一緒に飲みたいドライバーベスト5!!

2007.11.02 エッセイ

第341回:コージのF1 2007勝手に総括!いま朝まで一緒に飲みたいドライバーベスト5!!

愛すべきセコくてひがみっぽいチャンピオン!?

ついに勝ったよなぁ、ライコネン! もちろん単なる1勝じゃなくって念願のシリーズタイトルね。
優等生とかサイボーグじゃなくって、ライコネンとかヴィルヌーヴみたいな不良タイプが好きな俺としては嬉しい限りだが、できすぎといえばできすぎな気もする。
偶然が2つも重なったんだもんね〜。いや3つか。あれほど安定感のあったチャンピオン候補筆頭のハミルトンが、2つのトラブルで勝手に落ちて、さらにアロンソも冴えなくて、その間に見事マッサが挟まって保険にもなってたという、そんなのアリかよって感じの展開だったな。

当たり前だけど、どれがなくてもライコネンのチャンプはありえなくて、一番確率の低い男がチャンピオンになっちゃったわけだ。ハミルトンの失敗は単純に「プレッシャーに負けた」って事でゴーインに説明づけちゃうとしても、俺にとって不可解だったのはアロンソ。試合後のサッパリした感じといい、試合前のコメントといい、とにかく不思議なくらいに最初っからあきらめムード。
ライコネンの結果を見るまでもなく、あの判断は早すぎたと思うし、シロウト的には「とりあえず自分が勝って待つ!」ってのが一番カッコいいはずなのだが、今回のアロンソにそんな気配は微塵もなかった。まったくもってスポーツマンらしからぬ態度で、なにはなくともまずはふてくされオーラ、つまり「ヤツ(ハミルトン)に勝たせたくない!」オーラがにじみ出てたように思う。

なんというか、旦那に浮気されまくって離婚し、元旦那の結婚を邪魔する女みたいだよね。言い方を悪くすると“女の腐ったようなヤツ”。なんせチームのスパイ疑惑の証拠を自ら提出したり、「なぜ俺をナンバーワン扱いしないんだ!」と批判してたわけだしさ。ハッキリ言ってひがみ根性の塊よ!

しかししかし、矛盾するようだが不肖小沢としてはアロンソくん、別に嫌いじゃありません。ま、特別好きでもないけど、人間、そうそう清廉潔白に生きる必要ないと思うし、そもそも生きられないし、俺自身十分セコいし、ああいうのもアリでしょう! と思う。
やっぱ人間、みんな“臆病”かつ“セコい”のだぁぁぁ!! チャンピオン取った人間でも“狭い”のだぁぁぁ。そこが一番面白かったのかもね。今シーズンのF1。

あと面白かったのは中国GPでのハミルトンのリタイア。あんなゴキブリみたいなハマリ方するとは夢にも思えなかったし、マクラーレンの作戦もわけわからなかった。あれだけ磐石に見えたマクラーレン+ハミルトンがこんなにも脆弱だったとは。人間ってホントにダサくてかわいい生き物だわさ。
ただしこれまた不可解なのは最終戦、チャンピオン逃がしても異様にさわやかだったハミルトン。あんなのアリか? 中国であれほどチャンピオンに固執した人間にして、あの振りきれ具合。アタシャ、一瞬目を疑いましたよ。あの人格者ぶりは今後、見守って真偽を確かめる必要がある!! なんてね(笑)

一方、次第になかなかシブく見えてきちゃったのが「とにかく勝ちゃあいいんだろ!」のライコネンもそうだけど、ほとんどマフィア映画に出てくるチンピラいい系のマッサだよね。つくづくサッカーのロナウジーニョもそうだけど、ブラジル人ってヤツはわかりやすい。奴とは一緒に朝まで飲みたいって気がする……。

キミ・ライコネン
(写真=Ferrari)
第341回:コージのF1 2007勝手に総括!いま朝まで一緒に飲みたいドライバーベスト5!!
フェルナンド・アロンソ
(写真=ダイムラー)
第341回:コージのF1 2007勝手に総括!いま朝まで一緒に飲みたいドライバーベスト5!!

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』