【スペック】3.2SE:全長×全幅×全高=4825×1890×1545mm/ホイールベース=2815mm/車重=1770kg/駆動方式=FF/3.2リッター直6DOHC24バルブ(238ps/6200rpm、32.6kgm/3200rpm)/価格=575.0万円(先行輸入車)

ボルボV70 3.2SE(FF/6AT)/T-6TE(4WD/6AT)【試乗記】

北欧発/北米行き 2007.11.02 試乗記 ボルボV70 3.2SE(FF/6AT)/T-6TE(4WD/6AT)
……575.0万円/750.0万円

ボルボの主力ワゴン「V70」が7年ぶりのモデルチェンジを受け、よりスポーティな印象に生まれ変わった。日本導入前の先行輸入モデルで新型を試す。

期待のニューモデル

新しい「ボルボV70」は、イエテボリはもちろん、ディアボーンからも熱い視線を注がれての登場となった。ニューモデルは、ボルボの主幹車種であると同時に、混迷を深める親方フォードのプレミアム担当ブランド、その売れ筋モデルとしての期待をいっぱいに詰め込まれ、ボディがふくらんだ。
全長4825mm、全幅1890mm、全高1545mmの車両寸法は、旧型と比較するとほぼ1割増し。前後車軸間は60mm延びて2815mmとなった。クルマのカテゴリーが1段上昇した計算で、実際、ベースはこれまでの「V70/S60」から同社のフラッグシップ「S80」由来のモノとなった。フォードグループとしては、新型V70をして「メルセデス・ベンツEクラス」や「BMW5シリーズ」のライバルと位置づけ、これまで以上に“稼げる”クルマに育てたいわけだ。

Eクラスや5シリーズのワゴンと較べると、V70のディメンションは「短く、幅広」である。よりスポーティに、コーナリング性能を重視した……というよりは、直列6気筒をエンジンルームに横置きする特異なレイアウトのためで、ベーシックなグレードを除き、新型V70のパワーソースはストレート6をメインとする。この点でも上位移行が図られた。

日本に導入されるのは、2.5リッター直5ターボ(200ps、30.6kgm)、3.2リッター直6(238ps、32.6kgm)、3リッター直6ターボ(285ps、40.8kgm)の3種類。いずれも6段ATと組み合わされる。
グレード名と駆動方式は、「2.5T LE」(FF)、「3.2SE」(FF)、「3.2SE AWD」(4WD)、「T-6 TE AWD」(4WD)。
うち、2007年11月1日から受注を始めるのは以下の2車種となる。

・V70 3.2SE=575万円
・V70 T-6 AWD=750万円

「T6 TE」
ボルボV70 3.2SE(FF/6AT)/T-6TE(4WD/6AT)【短評】
【スペック】T6 TE:全長×全幅×全高=4825×1890×1545mm/ホイールベース=2815mm/車重=1900kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボインタークーラー付(285ps/5600rpm、40.8kgm/1500-4800rpm)/価格=750.0万円(先行輸入車)
ボルボV70 3.2SE(FF/6AT)/T-6TE(4WD/6AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
ホームへ戻る