【スペック】3.2SE:全長×全幅×全高=4825×1890×1545mm/ホイールベース=2815mm/車重=1770kg/駆動方式=FF/3.2リッター直6DOHC24バルブ(238ps/6200rpm、32.6kgm/3200rpm)/価格=575.0万円(先行輸入車)

ボルボV70 3.2SE(FF/6AT)/T-6TE(4WD/6AT)【試乗記】

北欧発/北米行き 2007.11.02 試乗記 ボルボV70 3.2SE(FF/6AT)/T-6TE(4WD/6AT)
……575.0万円/750.0万円

ボルボの主力ワゴン「V70」が7年ぶりのモデルチェンジを受け、よりスポーティな印象に生まれ変わった。日本導入前の先行輸入モデルで新型を試す。

期待のニューモデル

新しい「ボルボV70」は、イエテボリはもちろん、ディアボーンからも熱い視線を注がれての登場となった。ニューモデルは、ボルボの主幹車種であると同時に、混迷を深める親方フォードのプレミアム担当ブランド、その売れ筋モデルとしての期待をいっぱいに詰め込まれ、ボディがふくらんだ。
全長4825mm、全幅1890mm、全高1545mmの車両寸法は、旧型と比較するとほぼ1割増し。前後車軸間は60mm延びて2815mmとなった。クルマのカテゴリーが1段上昇した計算で、実際、ベースはこれまでの「V70/S60」から同社のフラッグシップ「S80」由来のモノとなった。フォードグループとしては、新型V70をして「メルセデス・ベンツEクラス」や「BMW5シリーズ」のライバルと位置づけ、これまで以上に“稼げる”クルマに育てたいわけだ。

Eクラスや5シリーズのワゴンと較べると、V70のディメンションは「短く、幅広」である。よりスポーティに、コーナリング性能を重視した……というよりは、直列6気筒をエンジンルームに横置きする特異なレイアウトのためで、ベーシックなグレードを除き、新型V70のパワーソースはストレート6をメインとする。この点でも上位移行が図られた。

日本に導入されるのは、2.5リッター直5ターボ(200ps、30.6kgm)、3.2リッター直6(238ps、32.6kgm)、3リッター直6ターボ(285ps、40.8kgm)の3種類。いずれも6段ATと組み合わされる。
グレード名と駆動方式は、「2.5T LE」(FF)、「3.2SE」(FF)、「3.2SE AWD」(4WD)、「T-6 TE AWD」(4WD)。
うち、2007年11月1日から受注を始めるのは以下の2車種となる。

・V70 3.2SE=575万円
・V70 T-6 AWD=750万円

「T6 TE」
「T6 TE」
【スペック】T6 TE:全長×全幅×全高=4825×1890×1545mm/ホイールベース=2815mm/車重=1900kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボインタークーラー付(285ps/5600rpm、40.8kgm/1500-4800rpm)/価格=750.0万円(先行輸入車)
【スペック】T6 TE:全長×全幅×全高=4825×1890×1545mm/ホイールベース=2815mm/車重=1900kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボインタークーラー付(285ps/5600rpm、40.8kgm/1500-4800rpm)/価格=750.0万円(先行輸入車)
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
ホームへ戻る