人波であふれた日産のブース。
日産は、「GT-R」と「PIVO2」を両輪に未来へ【会場リポート】

【会場リポート】日産は、「GT-R」と「PIVO2」を両輪に走る!

朝のオープニングと同時に超満員となった日産ブース。国内外から集まったプレスが見守るなか、姿を見せたのは……。

GT-Rを紹介するカルロス・ゴーン社長。
日産は、「GT-R」と「PIVO2」を両輪に未来へ【会場リポート】
デザインスタディを含めれば、東京モーターショーへの出品は都合4回。ようやく生まれた我が子にゴーン社長もご満悦の様子だ。
日産は、「GT-R」と「PIVO2」を両輪に未来へ【会場リポート】

■情熱を感じてほしい

記者会見直前、日産ブースの人ごみはピークに達し、なかに入るのもやっとのこと。ステージは見えず、同時中継のモニターを探すしかないほどだった。

観衆のお目当ては、ずばり、新型「GT-R」。

デモ映像に続いてホンモノがステージ中央に姿を見せると、あたりはたちまちフラッシュの嵐に。その運転席から日産自動車のカルロス・ゴーン社長が降り立ち、480ps、0-100km/h加速3.6秒を豪語するモンスターの紹介を始めた。

「なぜいまGT-Rを出す必要があったのか? よく訊かれます」と、ゴーン氏。「GT-Rは、日産の情熱をお客様に示す“究極のかたち”であり、開発で得られたことは、ほかのすべての日産車に活かされるのです」
さらに、「来年になれば、情熱のほどがいっそうおわかりいただけるはず」と、新型GT-Rで2008年の「スーパーGT選手権」に参戦することを示唆した。

こちらは商用車の「NV200」。引き出し式の荷室がスライドする。
日産は、「GT-R」と「PIVO2」を両輪に走る!【会場リポート】
GT-Rに並んで、PIVO2が登場。「すべての日産車にPIVO2とGT-Rの情熱と革新が込められています」が、今回同社のメッセージだ。
日産は、「GT-R」と「PIVO2」を両輪に走る!【会場リポート】

■絵空事ではない

いっぽう、お客様からのニーズに応えるものとして、4台のコンセプトカーが紹介された。

若者向けのコンパクトオープン「ラウンドボックス」、プロがカッコよく仕事するための商用車コンセプト「NV200」、そして、2010年発売の新型マキシマと目されるラクシャリーサルーン「インティマ」。

なかでも目玉の「PIVO2」は、ステージに登場するや、モーターを内蔵した独立ホイールでユニークな動きを披露。会場の注目を集めた。
「オール電化の時代は、みなさんの想像以上に急速に近づいています」「これからの日産の取り組みに、期待してください!」とゴーン氏は力強い言葉で締めくくった。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。