コンパクトカー「スマート」、2代目がもうすぐ上陸

2007.11.01 自動車ニュース
 
コンパクトカー「スマート」、2代目がもうすぐ上陸

コンパクトカー「スマート」、2代目がもうすぐ上陸

メルセデス・ベンツ日本は、新型「スマート・フォーツークーペ」および「スマート・フォーツーカブリオ」の予約受付を2007年10月24日から開始した。デリバリー開始は、2008年1月の予定。

インパネが波打ち、センターコンソールがドライバー側を向いていたインテリアは、ややオーソドクスな直線的デザインに変わった。
コンパクトカー「スマート」、2代目がもうすぐ上陸

■デカくなっても「スマート」

ユニークなモノフォルムで知られるコンパクトカー「スマート」が、7年ぶりにフルモデルチェンジした。
快適性、俊敏性、安全性、環境適合性すべてにおいて、レベルを高めたとアピールする。

「トリディオンセーフティセル」構造がもたらす、一目でスマートだとわかる特徴的なデザインそのままに、ボディサイズを先代よりもひとまわり拡大。クーペ、カブリオとも、全長×全幅×全高=2720(+180)×1560(+45)×1540(-10)mmに、ホイールベースは1865(+55)mmになった。(カッコ内は先代クーペ比)
770kgだった車重も増え、クーペが810kg、カブリオが820kgに。歩行者保護性能、リアの衝突保護性能、乗り心地の向上を図った。

 
コンパクトカー「スマート」、2代目がもうすぐ上陸

■エンジン拡大で10psアップ

パワーユニットは、ターボつきの698cc(61ps、9.7kgm)に代えて、新開発の1リッター直列3気筒のみ。71ps/5800rpm、9.4kgm/4500rpmを発生する。電子制御5段マニュアルモード付きオートマチックトランスミッション「ソフタッチ」を組み合わせる。
なりは小さくとも安全面はシッカリで、「ヒルスタートアシスト」「ブレーキアシスト」「ESPR(エレクトロニックスタビリティプログラム」などを標準装備する。

価格は、「フォーツー・クーペ」が176.0万円、「フォーツーカブリオ」は205.0万円。来年1月からデリバリーが開始される予定だ。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スマート・フォーツー/フォーフォー」ターボモデルの発表会場から 2016.8.3 画像・写真 コンパクトカー「スマート・フォーツー/フォーフォー」のターボエンジン搭載モデルが、3車種そろってデビュー。2016年8月3日から、順次販売が開始される。「Mercedes me Tokyo HANEDA」で開催された、発表会の様子を写真で紹介する。
  • 「スマート・フォーツー ターボ」がカタログモデルに 2016.12.7 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのモデルラインナップに「スマート・フォーツー ターボ」を追加設定し、販売を開始した。現行モデルのスマート・フォーツーがカタログモデルとして導入されるのは今回が初めて。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る