コンパクトカー「スマート」、2代目がもうすぐ上陸

2007.11.01 自動車ニュース
 
コンパクトカー「スマート」、2代目がもうすぐ上陸

コンパクトカー「スマート」、2代目がもうすぐ上陸

メルセデス・ベンツ日本は、新型「スマート・フォーツークーペ」および「スマート・フォーツーカブリオ」の予約受付を2007年10月24日から開始した。デリバリー開始は、2008年1月の予定。

インパネが波打ち、センターコンソールがドライバー側を向いていたインテリアは、ややオーソドクスな直線的デザインに変わった。
コンパクトカー「スマート」、2代目がもうすぐ上陸

■デカくなっても「スマート」

ユニークなモノフォルムで知られるコンパクトカー「スマート」が、7年ぶりにフルモデルチェンジした。
快適性、俊敏性、安全性、環境適合性すべてにおいて、レベルを高めたとアピールする。

「トリディオンセーフティセル」構造がもたらす、一目でスマートだとわかる特徴的なデザインそのままに、ボディサイズを先代よりもひとまわり拡大。クーペ、カブリオとも、全長×全幅×全高=2720(+180)×1560(+45)×1540(-10)mmに、ホイールベースは1865(+55)mmになった。(カッコ内は先代クーペ比)
770kgだった車重も増え、クーペが810kg、カブリオが820kgに。歩行者保護性能、リアの衝突保護性能、乗り心地の向上を図った。

 
コンパクトカー「スマート」、2代目がもうすぐ上陸

■エンジン拡大で10psアップ

パワーユニットは、ターボつきの698cc(61ps、9.7kgm)に代えて、新開発の1リッター直列3気筒のみ。71ps/5800rpm、9.4kgm/4500rpmを発生する。電子制御5段マニュアルモード付きオートマチックトランスミッション「ソフタッチ」を組み合わせる。
なりは小さくとも安全面はシッカリで、「ヒルスタートアシスト」「ブレーキアシスト」「ESPR(エレクトロニックスタビリティプログラム」などを標準装備する。

価格は、「フォーツー・クーペ」が176.0万円、「フォーツーカブリオ」は205.0万円。来年1月からデリバリーが開始される予定だ。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(RR/6AT)【試乗記】 2017.3.6 試乗記 「スマート・フォーツー」に2017年3月までの期間限定販売となる「スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド」が登場。専用の直列3気筒ターボエンジンや6段DCTを搭載した特別な一台で、気温10度、冷たい雨に濡れる冬の房総を走った。
  • 「アウディQ3」が、よりスポーティーなデザインに 2017.3.6 自動車ニュース アウディがSUV「Q3」の仕様を一部変更。「1.4 TFSIスポーツ」「2.0 TFSIクワトロ」の2グレード、およびオプションである「Sラインパッケージ」「Sラインエクステリアパッケージ」に、よりスポーティーな新デザインのバンパーを採用した。
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
ホームへ戻る