【スペック】全長×全幅×全高=4915×1855×1435mm/ホイールベース=2845mm/車重=1790kg/駆動方式=4WD/2.8リッターV6DOHC24バルブ(210ps/5500〜6800rpm、28.6kgm/3000〜5000rpm)/価格=628.0万円(テスト車=763.0万円)

アウディA6 2.8 FSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

アウディA6 2.8 FSIクワトロ(4WD/6AT) 2007.11.01 試乗記 ……763.0万円
総合評価……★★★★

アウディのミドルサルーン「A6」に新型の2.8リッターV6直噴エンジンモデルが追加された。新たにバルブコントロール技術を搭載した新エンジンモデルの走りを試す。

アウディA6 2.8 FSIクワトロ(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

アウディのなせる業

従来の日本での「A6」のラインナップは「2.4」「3.2FSIクワトロ」「4.2FSIクワトロ」の3モデル。そこにさらに「2.8FSIクワトロ」が加わると、ちょっと煩雑すぎるのではという気がする。
しかし、それにはちゃんと理由がある。これまで「A4クワトロ」のオーナーがA6にステップアップしようとしても、2.4リッターは前輪駆動ということで対象にならず、かと言って3.2FSIクワトロでは価格差がありすぎ、結局は断念して他のブランドに流れてしまうということが多々あったのだという。
前輪駆動のアウディがダメなわけではないが、クワトロを味わってしまうと前輪駆動には戻れないというのは理解できる話だ。

2.8FSIクワトロは、まさにそういうユーザーの受け皿となることが期待されている。好調とは言い難いA6の販売を加速させるには、まずアウディの良さを知る人にステップアップしてもらおうというわけである。

しかしこのA6 2.8FSIクワトロ、話をそれだけで済ませてしまうのは惜しいクルマだ。そのエンジンは単なる3.2リッターの縮小版ではなく、新機軸アウディバルブリフトシステムを搭載し、各部のフリクションロスの低減を図るなど燃費向上を大きく意識したもの。
カタログ燃費は驚くほどのものではないが、特に高速道路を中心に走らせた時の経済性の高さは相当なものだ。

しかも、緻密で上質、そしてスポーティな回転フィーリングも素晴らしく気持ちがよい。画期的な新技術を使っているわけではないが、確固たる設計ポリシーや高い生産技術がなければ実現できないこの仕上がりは、まさに「技術による先進」を謳うアウディらしさを表現するものと言えるはずである。

初期のモデルでは難のあった操縦性や乗り心地の面でも進化の度合いは顕著な2.8FSIクワトロ。少なくとも現在A6の購入を考えている人にとってベストな選択となり得る1台であることは断言する。

アウディジャパンには、最初に記したような価格の話だけでなく、ぜひその本質的な部分の奥深い魅力こそを世間に強くアピールしてもらいたいと切に願う。そうしてブランド力を高めていってこそ、販売向上も望めるに違いない。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A6の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
ホームへ戻る