「プジョー308」も手応え上々、さらに前進を【会場リポート】

【会場リポート】「プジョー308」も手応え上々、さらに前進を

プジョーのプレスブリーフィングは、オートモビル・プジョーの顔ともいうべきフレデリック・サンジュールCEOのスピーチで始まった。

オートモビル・プジョーのフレデリック・サンジュールCEOと「308RCZ」。
「プジョー308」も手応え上々、さらに前進を【会場リポート】
日本市場での近日発売が予定される「207SW」。
「プジョー308」も手応え上々、さらに前進を【会場リポート】

■スポーティクーペに期待

「2007年6月の207CCおよびGTIの投入で、207シリーズのラインナップは完成されました。同シリーズはすでに73万台が生産され、B2セグメントのベストセラーカーとして、世界的な評価をいただいております。日本で近日発売される207SWも、プレミアム・カスタマーの皆様に満足していただけることでしょう」

プジョーに吹く追い風は、207シリーズの好調なセールスだけにとどまらない。207の兄貴分にあたる「308」が、東京モーターショー直前に本国で発表され、こちらの手ごたえも上々と伝え聞く。さらに、207シリーズ用のパワーユニットをBMWと共同開発するなど、“次なる一手”でも抜かりはない。

また、日本へは未導入ながら、プジョーはフランス本国を中心とした欧州圏におけるディーゼルエンジン搭載車の販売でも主役の座を担っている。
事実、“リーダー”の意識も高いプジョーは、同社のディーゼル・テクノロジーの粋を結集し、オールアルミ製の5.5リッターV型12気筒ツインターボディーゼルエンジンを開発。700ps/122.4kgm(!)を発生するこのパワーユニットを搭載した「プジョー908HDi FAP」は、2007年6月に開催されたルマン24時間レースで、初出場ながら総合2位に入る快挙を成し遂げた。
日本におけるディーゼル車販売の予定は明らかにされていないが、すでにプロモーションの要素はそろっている。

そんなプジョーは今回のTMSに、発表直後の308をベースにしたスポーティクーペ「308RCZ」を展示。仮想ライバルは、アウディTTといったスポーツクーペのようだ。イタリアのカロッツェリア、サガートのお家芸“ダブルバブル”を想わせるルーフ形状が目を惹く。

生産を前提にした上での軽量化をテーマに、ドライバーおよびパセンジャー用ロールバーにアルミを、リアウィンドウスクリーンにはポリカーボネートを、また一部にはCFRP製パーツを採用。注目を集めた。

現状に安閑とせず、常に前に進もうとするプジョーの勢いが感じられる展示内容だった。

(NAVI早田)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。