オートモビル・シトロエンCEOのジル・ミシェル氏。後ろにいるのが「C-CACTUS」。
シトロエンの成功はスタイリングにあり【会場リポート】

【会場リポート】シトロエンの成功はスタイリングにあり

赤を基調とする華やかなシトロエンブースでは、変わったデザインのコンセプトカー「C-CACTUS」が目立つ。プレスブリーフィングでは、「エコ」を強調する各社と違う、シトロエンらしいコメントが聞かれた。

■新型C5の出展はないが

コンセプトカー、ロードカーの如何を問わず、ここ数年、シトロエンのスタイリングには、人をハッとさせる何かが潜んでいる。先のフランクフルトショーで発表されたショーモデル、「C-CACTUS」は、その革新的な提案と親しみやすさで一躍ショーの人気者となったが、それ以上にこのコンセプトカーに賛辞を送ったのは、ほかならぬ他メーカーのデザイナーたちだったのだ。

一方で、すでに日本でも発売されている「C6」や「C4」には、かつての「CX」や「GS」を想わせるラインを継承させるなど、古くからのシトロエンファンにアピールすることも忘れていない。

「スタイリングこそ、シトロエンの成功のカギなのです」
シトロエンのプレスブリーフィングで登壇した、オートモビル・シトロエンのジル・ミシェルCEOはそう明言した。
「先週、パリで発表した新型C5も、あたたかく好意的に迎えていただきました。モダンかつ先進的ななスタイルは、人々をひきつけ、記憶に焼き付けられるものなのです」

「C-CACTUSのセールスポイントはスタイルばかりではありません。ディーゼルハイブリッドエンジンの搭載で環境にも配慮する一方、ミドルレンジ・エントリーモデルの未来像を意識。そんなコンセプトをシンプルかつアピール性の高いエクステリアで包み込んでいます。クルマの持つ、そうした“エッセンシャル・バリュー”にフォーカスを当てた最新作がこのC-CACTUSなのです」

C-CACTUSを中心に配したシトロエンブースには、ほかにも興味深いロードカーの展示がなされた。とりわけ注目を集めたのは、C4 VTSをベースに限定発売されるスポーティモデル「C4 by LOEB」。日本市場ではシトロエンジャポンを通じ、幸運なオーナーのもとに32台のみデリバリーがなされるという。

「C4 by LOEB」
シトロエンの成功はスタイリングにあり【会場リポート】

新型C5のデビューで、ついに完成した新世代シトロエンのラインナップ。これからも彼らが繰り出すであろう、次代への“メッセージ”を楽しみに待ちたい。

(NAVI早田)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。