【スペック】全長×全幅×全高=3920×1745×1130mm/ホイールベース=2330mm/車重=995kg/駆動方式=MR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(200ps/5400rpm、27.7kgm/5000rpm)/価格=684万6000円(テスト車=697万6000円)

ロータス・ヨーロッパ S(MR/6MT)【ブリーフテスト】

ロータス・ヨーロッパ S(MR/6MT) 2007.10.31 試乗記 ……697万6000円
総合評価……★★★★★

ややGT的な性格を与えられた、ロータス第2のライトウェイトスポーツカー「ロータス・ヨーロッパ S」を試した。

ロータス・ヨーロッパ S(MR/6MT)【ブリーフテスト】

少量生産の魅力

ロータス・ヨーロッパSの魅力は、1トンちょうどと軽い手作り感覚のボディ内外装、そしてスポーツカーの精神を知り尽くしたチューニング感覚だ。価格的には、ポルシェの「ボクスター」と「ボクスターS」の中間にあり、パッと見て、ポルシェよりイイと見るかポルシェの方がイイと見るか、そこでその人の評価は完全に分かれてしまう。

イメージの上で、量産車は製品の安定性に優れるが大衆相手ゆえに仕上げは大味、少量生産車は造りが華奢で壊れやすいけれども個性的で繊細、詰めは周到にして味を知り尽くした限界に迫る。さらに言えば、使い手のレベルがそのクルマの上にあるなら、チューニングを進めていく楽しみを見いだせる。量産車はそのまま乗るのが一番、手を入れ始めると広範囲に及ぶし際限がない。このロータスはエアコンも効くしトランクも使える。少量生産車だが量産車のコンポーネンツを使う安心感もある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス、2016年11月8日より新価格で販売 2016.11.8 自動車ニュース エルシーアイは2016年11月8日、同日付けでロータス車の価格を改定すると発表した。新価格は「エリーゼ」シリーズが572万4000円から700万円、「エキシージ」シリーズが880万円から972万円、「エヴォーラ400」が1258万2000円となっている。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る