第340回:“アジアのための新Cクラス”に追加バージョン
ギター侍!? オザワの感想「なんか残念……」

2007.10.30 エッセイ

第340回:“アジアのための新Cクラス”に追加バージョンギター侍!? オザワの感想「なんか残念……」

つくづくメルセデスも変わったよなぁ……

今年リリースされた新型「メルセデス・ベンツCクラス」の追加バージョン、2.5リッターV6搭載の「C250エレガンス」に乗ってまいりました。

改めてCに対して思ったのは「つくづくクルマって生き物だなぁ」&「メルセデスも変わるもんだなぁ」ってこと。まさしくいい意味でも悪い意味でもフツーのクルマになってしまっているのだ。
最大のポイントはステアリングフィール。俺は勝手に思い込んでいるんだけど、メルセデスのコンパクトセダンというのは、1982年発表の「190E」の時代から「ボディは小さいけど、乗るとサイズ以上の安定感」がひとつのウリ、いや最大のウリだった。
ところが今回はそれをアッサリ捨て去ってしまって、新しいキャッチフレーズのひとつである「アジリティコントロール」という言葉とともに、流行りのスポーティな特性のハンドリングを導入。190E&歴代Cクラスが持っていた、ある意味重厚な、ある意味ダルくもっさりしたステアリングフィールをなくしてしまった。

これはまさに賛否両論で、俺みたいに「なんか残念……」というギター侍(!?)みたいな時代遅れもいれば、「やっとBMWに追いついた」あるいは「ステアリングが軽くラクになった」という率直な意見もある。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』