仏ルノー、新型「トゥインゴR.S.」を発表

2012.02.17 自動車ニュース

仏ルノー、新型「トゥインゴR.S.」を発表

仏ルノーは2012年2月14日、高性能モデル「トゥインゴ ルノー・スポール(R.S.)」を発表した。フランスでは2月20日に受注が開始され、3月半ばに発売される予定。

新しい「トゥインゴR.S.」は、2011年9月のフランクフルトモーターショーで発表された「トゥインゴ」のマイナーチェンジ版がベース。ルノーの他のR.S.モデルと同じように、F1マシン風の“ブレード”があしらわれたフロントグリルが与えられるほか、テールゲートスポイラーや、ディフューザー付きリアバンパーなどが装着され、先代型以上にスポーティーな雰囲気が演出されている。

エンジンは従来と同じ、133psを発生する1.6リッター直4の自然吸気ユニット。ただし、CO2排出量が従来比3.2%減の150g/km、燃費が同3%向上の15.4km/リッターに改善されている。

足まわりの設定は、欧州ではロードホールディング性能を重視した「シャシースポール」が標準。ブレーキは強化され、ディスク径は前が280mmで、後ろが240mmとなる。また欧州では、オプションとして車高を4mm下げたよりハードなサスペンション「シャシーカップ」が用意されるほか、「R.S.モニター」と呼ばれる車載テレメトリーシステムも選ぶことができるという。

今回はこのR.S.モデルとあわせて、新しい「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」の姿も公開された。こちらは“フランスらしさ”とプレミアム感がより強く押し出され、17インチタイヤ、革内装、オートエアコンなどが標準で装着される。ボディーカラーは青のほか、白、黒、赤も選択可能。

両モデルとも、フランスでは2012年2月20日に受注が開始される予定。現地価格はR.S.が1万6900ユーロ(約177万円)、ゴルディーニR.S.が1万8100ユーロ(約189万円)と発表されている。

(webCG 竹下)

「ルノー・トゥインゴ ルノー・スポール(R.S.)」
「ルノー・トゥインゴ ルノー・スポール(R.S.)」
「トゥインゴR.S.」
「トゥインゴR.S.」
「トゥインゴR.S.」の室内
「トゥインゴR.S.」の室内
「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」
「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」
「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」の室内
「トゥインゴ ゴルディーニR.S.」の室内
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ルノーが「ルーテシアR.S.」をマイナーチェンジ 2017.7.6 自動車ニュース ルノー・ジャポンは、高性能ハッチバック「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」にマイナーチェンジを実施した。外装のブラッシュアップに加えて、新たに「シャシーカップ」グレードが設定された。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
ホームへ戻る