新型「XF」とジャガー・カーズの新社長マイク・オドリスコル氏
伝統を元に新しい時代を開く「ジャガーXF」【会場リポート】

【会場リポート】伝統を元に新しい時代を開く「ジャガーXF」

ジャガーブースのプレスブリーフィングは、ジャガー&ランドローバージャパン代表デイビッド・ブルーム氏の日本語によるスピーチから始まった。

 
伝統を元に新しい時代を開く「ジャガーXF」【会場リポート】
 
伝統を元に新しい時代を開く「ジャガーXF」【会場リポート】

■「Sタイプ」の後継「XF」アジア初公開

「Sタイプ」に代わる新型ミドサイズサルーン「XF」を前にジャガー&ランドローバージャパン代表デイビッド・ブルーム氏は流ちょうな日本語で説明を始めた。
「ジャガーは本来のヘリテッジを受け継ぐとともに、新しいデザイン言語によってニュー・ファッション・ラクシャリーを目指す」と言うことだ。

続いて本国でジャガーを率いるジャガー・カーズの新社長、マイク・オドリスコル氏が紹介された。オドリスコル氏は北米ジャガー社長としてアメリカでの顧客満足度評価を高めたことで知られている。
このオドリスコル社長とデザイン・ディレクター、イアン・カラム氏がともに訴えたのは、新型XFは紛れもないジャガーの伝統を受け継いだクルマであるとともに、このモデルと新型「XK」によって、ジャガーは新しい時代に向けて再出発するということである。

特にXFはスポーツカーとグランドツアラー双方の顔を持ち、5人を乗せながらも立派なスポーツカーであるということが強調された。このXF、2007年11月から注文を受け始め、来年5月ぐらいには販売開始される予定である。

(文=大川悠)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • ジャガーXF 20d ピュア(FR/8AT)/XF 25t プレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.26 試乗記 ボディーにアルミニウムを大々的に採用し、先進的なインフォテインメントシステムを搭載するなど、大きく飛躍したジャガーの新型「XF」。2リッターディーゼルエンジン搭載車と、同じく2リッターガソリンエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 第8回:XFは生粋のドライバーズカーである(最終回)
    2カ月間で3000kmを後にして思ったこと
    2016.8.24 ジャガーXF長期試乗リポート 2カ月にわたってリポートしてきた「ジャガーXF」の長期試乗記も、今回でいよいよ最終回。3000kmあまりを後にして、われわれの手元に残ったXFの手応えは……。まずは燃費の報告から。総平均は9.2km/リッターまで上昇した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る