新型「XF」とジャガー・カーズの新社長マイク・オドリスコル氏
伝統を元に新しい時代を開く「ジャガーXF」【会場リポート】

【会場リポート】伝統を元に新しい時代を開く「ジャガーXF」

ジャガーブースのプレスブリーフィングは、ジャガー&ランドローバージャパン代表デイビッド・ブルーム氏の日本語によるスピーチから始まった。

 
伝統を元に新しい時代を開く「ジャガーXF」【会場リポート】
 
伝統を元に新しい時代を開く「ジャガーXF」【会場リポート】

■「Sタイプ」の後継「XF」アジア初公開

「Sタイプ」に代わる新型ミドサイズサルーン「XF」を前にジャガー&ランドローバージャパン代表デイビッド・ブルーム氏は流ちょうな日本語で説明を始めた。
「ジャガーは本来のヘリテッジを受け継ぐとともに、新しいデザイン言語によってニュー・ファッション・ラクシャリーを目指す」と言うことだ。

続いて本国でジャガーを率いるジャガー・カーズの新社長、マイク・オドリスコル氏が紹介された。オドリスコル氏は北米ジャガー社長としてアメリカでの顧客満足度評価を高めたことで知られている。
このオドリスコル社長とデザイン・ディレクター、イアン・カラム氏がともに訴えたのは、新型XFは紛れもないジャガーの伝統を受け継いだクルマであるとともに、このモデルと新型「XK」によって、ジャガーは新しい時代に向けて再出発するということである。

特にXFはスポーツカーとグランドツアラー双方の顔を持ち、5人を乗せながらも立派なスポーツカーであるということが強調された。このXF、2007年11月から注文を受け始め、来年5月ぐらいには販売開始される予定である。

(文=大川悠)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE S(FR/8AT)【ブリーフテスト】 2015.10.5 試乗記 ジャガーのミドルクラスサルーン「XE」、そのフラッグシップモデル「XE S」に試乗した。340psの3リッターV6スーパーチャージドエンジンを搭載するスポーツサルーンの実力を探る。
  • ジャガーがスポーツサルーン「XE」2017年モデルの受注を開始 2016.7.20 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2016年7月19日、スポーツサルーン「ジャガーXE」2017年モデルの受注を開始した。最新のインフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」を標準装備したほか、新たなエントリーグレード「SE」を追加設定。全8機種をラインナップしている。
  • ジャガーXE 2.0プレステージ(FR/8AT)/XE 2.5ポートフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2015.9.18 試乗記 200psか240psか? 「ジャガーXE」に関心を持つ人にとって悩ましいのは、2リッター直4ターボエンジンのどちらの仕様がよりジャガーらしいのか、ということではないだろうか。「2.0プレステージ」と「2.5ポートフォリオ」に比較試乗した。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • ジャガーXF 20dプレステージ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.9 試乗記 モジュラー構造のアルミボディーなど、先端技術が惜しみなく投じられているジャガーの新型「XF」。その真骨頂は、実は “オーソドックスないいクルマ”を目指しているところにあるといえそうだ。ディーゼルエンジンを搭載する中核グレードに試乗した。
ホームへ戻る