新型「XF」とジャガー・カーズの新社長マイク・オドリスコル氏
伝統を元に新しい時代を開く「ジャガーXF」【会場リポート】

【会場リポート】伝統を元に新しい時代を開く「ジャガーXF」

ジャガーブースのプレスブリーフィングは、ジャガー&ランドローバージャパン代表デイビッド・ブルーム氏の日本語によるスピーチから始まった。

 
伝統を元に新しい時代を開く「ジャガーXF」【会場リポート】
 
伝統を元に新しい時代を開く「ジャガーXF」【会場リポート】

■「Sタイプ」の後継「XF」アジア初公開

「Sタイプ」に代わる新型ミドサイズサルーン「XF」を前にジャガー&ランドローバージャパン代表デイビッド・ブルーム氏は流ちょうな日本語で説明を始めた。
「ジャガーは本来のヘリテッジを受け継ぐとともに、新しいデザイン言語によってニュー・ファッション・ラクシャリーを目指す」と言うことだ。

続いて本国でジャガーを率いるジャガー・カーズの新社長、マイク・オドリスコル氏が紹介された。オドリスコル氏は北米ジャガー社長としてアメリカでの顧客満足度評価を高めたことで知られている。
このオドリスコル社長とデザイン・ディレクター、イアン・カラム氏がともに訴えたのは、新型XFは紛れもないジャガーの伝統を受け継いだクルマであるとともに、このモデルと新型「XK」によって、ジャガーは新しい時代に向けて再出発するということである。

特にXFはスポーツカーとグランドツアラー双方の顔を持ち、5人を乗せながらも立派なスポーツカーであるということが強調された。このXF、2007年11月から注文を受け始め、来年5月ぐらいには販売開始される予定である。

(文=大川悠)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XFの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジャガーXE 20dピュア(FR/8AT)【試乗記】 2016.4.1 試乗記 スポーティーな走りが身上のジャガーのDセグメントセダン「XE」に、待望のディーゼルモデルが登場。完全自社開発の新世代パワーユニットと、今日のジャガーの特徴ともいえる絶妙なドライブフィールが織り成す走りに触れた。
  • アウディA5スポーツバック2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.13 試乗記 美しいルーフラインを持つ4ドアクーペ「アウディA5スポーツバック」がフルモデルチェンジ。新たなデザイン、そして先進装備を数多く搭載した“2代目”の実力を検証する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.6.5 試乗記 マイナーチェンジを受けて、デジタルインターフェイスと先進運転支援システムの両面で進化を遂げた「フォルクスワーゲン・ゴルフ」。その完成度はCセグメントの基準を揺るがすか? ワゴンモデル「ゴルフヴァリアント」に試乗した。
  • 「ジャガーXF」に錦織 圭選手の名を冠した特別仕様車 2017.5.29 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、4ドアセダン「ジャガーXF」に特別仕様車「KEI NISHIKORI EDITION(錦織圭エディション)」を設定し、2017年5月27日に受注を開始した。50台の台数限定で価格は697万円。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
ホームへ戻る